g-lad xx

NEWS

メディア関係者にLGBTのプライバシー保護などの配慮を求める要望書が内閣府に提出されました

 先日Marrige For All Japanが行った「新型コロナウイルス感染拡大の影響についてのアンケート」で、感染時の家族・友人・病院・会社・学校への報告や、公表に関する不安が多く寄せられていました。
 この不安に追い打ちをかけるように、5月初め、新型コロナウイルスの感染状況などを載せている愛知県のホームページに県内の感染者のべ495人全員の入院先などの個人情報が誤って掲載されるという事件がありました。感染者の氏名や入院先の病院の情報のほか、職場など感染者どうしの関係性を示す情報も流出したそうです。このようなことがあると、周囲にパートナーと同居していることやゲイであることなどが暴露(アウティング)されてしまうのでは…と恐れる方も多いことと思います。
 韓国のゲイクラブでの集団感染に関するゲイバッシングをめぐっても、日本でも同じことが起きるのでは…と心配する声も上がっていました。
 
 そんななか、LGBTコミュニティのたいへん多くの方たちが共同発起人となって、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する過程で、性的指向や性自認に関するプライバシーが損なわれ、LGBTQへの偏見や差別が助長されるようなことが無いように、とお願いする要望書が内閣府に提出されました。
 とても大切な活動です。

 
新型コロナウイルス感染症に関する報道とITの利用に関する緊急要望書

 韓国において、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定された方が、ゲイクラブを訪問していたという報道を契機として、SNSを中心に、同性愛者に対するバッシングが過熱しています。また、報道を受け、Youtuberなどの個人が、当日店を利用していた個人をSNSなどで特定し、個人名等を挙げ、批判に及ぶ事態も生じているとのことです。


 ゲイ、レズビアン、バイセクシャルといった性的指向においてマイノリティである者にとって、自らの性的指向の暴露(アウティング)は、自身の家族関係や就労環境を不安定なものにし、仲間との人間関係を分断し孤立に追い込んだりしかねないものです。

 また、断片的な情報が不必要に表面化することで、当人が実際に性的指向におけるマイノリティであるかどうかにかかわらず、性的指向に関するいじめや嫌がらせを誘発することも懸念されます。

 出生届に記載された性別とは異なる性を生きるトランスジェンダーにとっては、性別情報は秘匿性が非常に高いことがままあり、特に、法律上の性別と社会生活上の性別が異なる場合に法律上の性別が公表されることは、社会生活上の困難を引き起こし、また、当人の尊厳を損ないかねません。

 このような事態に際し、メディアやITに関わる皆様には、格別の配慮をお願いします。感染症対策は目下、最重点政策であり、その重要さに関しては異論の余地がありません。しかしながら、必要のない属性を含んだ感染者、濃厚接触者及びクラスターに関する、ITの利用による情報収集や報道が、図らずもいじめや嫌がらせを産み出すような事態を生まないよう、なお一層の尽力をお願い致します。

 韓国で起きているような事例が発生すると、当事者はセクシュアリティの暴露を恐れて、公衆衛生上必要な疫学調査への協力もしにくくなり、その結果が国の感染症対策を阻害すことにつながりかねません。幸い日本ではこのような事態は報じられていません。しかしながら、今後日本でも、同様の悲劇がおこる可能性があります。

 報道関係各位に対し、正確な情報に基づく冷静な報道を呼び掛けます。表現の自由は重要であり、個別の表現や判断に介入する意向はありませんが、性的指向や性自認に関する理解増進や当事者等の不当な取り扱いの防止に関して、一層の協力を求めたいと思います。

 また、政府に対して、SNSをはじめとしたITの利用を適切に行うことを国民に呼びかけ、一層の施策の深化と強化を依頼致します。

 

 なお、これに先立ち、4月17日、「Marriage For All Japan」などの団体は、LGBT差別禁止法の制定や、医療現場や行政の施策で同性パートナーを家族として扱うことを求め、政府に要望書を提出しています(詳しくはこちら
 また、5月15日には、エイズ対策に携わってきた市民団体、HIV陽性者、研究者らが厚労省に「新型コロナウイルス感染症に対する要望書」を提出しています(詳しくはこちら
 

 
 
参考記事:
マリフォーも賛同【内閣府に提出】新型コロナウイルス感染症に関する報道とITの利用に関する緊急要望書(Marriage For All Japan)
http://marriageforall.jp/blog/20200522/
「偏見や差別を助長する報道はもういらない。LGBTQ当事者が要望書を提出した理由」(ハフィントンポスト)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/ishido20200521_jp_5ec5eb85c5b691c0e9ede846

INDEX

SCHEDULE