g-lad xx

NEWS

プライド月間を祝し、世界中の『VOGUE』ロゴがレインボーに。「VOGUE CHANGE」ではLGBTの記事も多数掲載

 世界で最も影響力のある女性ファッション誌『VOGUE』が、6月の「PRIDE MONTH(プライド月間)」の間、平等で多様な社会を実現していくことへの連帯を示すため、公式サイトのロゴをレインボーカラーに変更することを発表しました。

 『GQ』の「なぜ6月は「プライド月間」と呼ばれるのか?──LGBTQ+を読みとく」という記事で、『「ゲイコミュニティ」の社会学』『LGBTを読みとく クィア・スタディーズ入門』の著者・森山至貴さんが詳しく解説していますが、1969年6月28日にニューヨークのグリニッジ・ビレッジのゲイバー「ストーンウォール・イン」でクィアピープルが初めて警察官の摘発に対して反乱を起こし、世界的なゲイ解放運動のブレイクスルーとなったことを記念し、毎年6月にプライドパレードが開催され、6月が「プライド月間」とされるようになりました。

 このプライド月間の期間中、『VOGUE』をはじめ様々なメディア・ブランドを擁するコンデナストは、「LGBTQ+コミュニティのバイタリティを称え、コミュニティがこれまでに成し遂げた前進を祝福します。また、現在世界中で広がっている人種差別に反対するための活動にも目を向けながら、平等で多様な社会の実現のため、そしてすべての人の未来を後押しするため、グローバルメディアカンパニーとして積極的に情報を発信していきます」とのことです。
 今回、『VOGUE』のロゴが、黒、茶色からレインボーカラーへのグラデーションとなっているのは、そういう意味です。


 コンデナストは6月中、公式インスタグラムアカウントにて、コンデナストで活躍するLGBTQ+の同僚や志を同じくするサポーターたちを紹介する「#WeAreCondeNast」キャンペーンを実施するほか、LGBTQ+に特化したメディア『them(ゼム)』では、6月22日にヴァーチャル・プライド・パーティを公式Twitterで開催するそうです。世界中の全従業員に向けてオンライン・イベントも開催し、社内での啓発活動も積極的に行っていくそうです。
 
 なお、『VOGUE JAPAN』は今年3月、環境・ダイバーシティにフォーカスしたサイト「VOGUE CHANGE」を開設しました。LGBTQ+に関する記事もたくさん掲載されています。ぜひご覧ください。

「人種差別と同じように生まれる嫌悪感や迫害を、LGBTQ+の人に向けていないだろうか」── 今ビリー・ポーターが問題提起する隠れた差別思想。
https://www.vogue.co.jp/change/article/celebrities-driving-social-change-billy-porter

素顔隠す世界的歌手、シーアがHIV支援に込める想い。
https://www.vogue.co.jp/change/article/celebrities-driving-social-change-sia

「クィアであることが私の最大の強みよ!」──悩んだ過去を力に変えて、ヘイリー・キヨコは歌い続ける。
https://www.vogue.co.jp/change/article/celebrities-driving-social-change-hayley-kiyoko

「欲しいのは、花ではなく尊敬」──トランスジェンダーモデルの世界を広げるヴァレンティーナ・サンパイオ。
https://www.vogue.co.jp/change/article/models-in-challenge-valentina-sampaio

「ジェンダーは自分で表現するもの」──美しきノンバイナリーモデル、ノア・カルロス。
https://www.vogue.co.jp/change/article/models-in-challenge-noah-carlos-non-binary

LGBTQ+の歴史を動かした名作映画。
https://www.vogue.co.jp/change/article/7-films-that-helped-pave-the-way-for-lgbtq-rights-cnihub

なぜ生きる許可を求めなければいけないのか。【カミングアウトから得た教訓】
https://www.vogue.co.jp/change/article/coming-out-as-a-trans-non-binary-2

「みんなの目にも、本当の私の姿が映りますように」──LGBTQ+の代弁者、サム・スミス。
https://www.vogue.co.jp/change/article/celebrities-driving-social-change-sam-smith

LGBTQ+認知拡大を目指すK-POPスター、ホランドが語る音楽の力。
https://www.vogue.co.jp/change/article/k-pop-holland-on-coming-out-cnihub





参考記事:
Global Pride Month 2020 平等で多様な社会を - 世界中の『VOGUE』ロゴがレインボーに。(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000698.000000930.html
なぜ6月は「プライド月間」と呼ばれるのか?──LGBTQ+を読みとく vol.1(GQ)
https://www.gqjapan.jp/culture/article/20200609-pride-month-2020-1

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。