g-lad xx

NEWS

ディーゼルが「プライドカプセルコレクション」とトランスジェンダーをフィーチャーしたフィルムを発表

 DIESEL(ディーゼル)が、プライド月間にレインボーカラーをモチーフにした「ディーゼル 2020 プライドカプセルコレクション」と、トランスジェンダーをフィーチャーした映画のようなショートフィルムを発表しました。
 
 DIESELといえば、2017年の東京レインボープライドで「MAKE LOVE NOT WALLS」をコンセプトに掲げたオシャレなブース、そしてパレードのトリを飾ったフロートを思い出す方もいらっしゃるかもしれません。
 DIESELが1995年に発表した(当時、センセーションを巻き起こした)ゲイの水兵さんがキスをする広告(モデルさんは実際のゲイカップル、写真を撮ったのはレジェンド的なゲイのフォトグラファー、デヴィッド・ラシャペル)を思い出す方もいらっしゃるかもしれません。この広告は『バディ』誌などでも紹介され、DIESELはゲイフレンドリーなブランドとして90年代から認知されてきました。

 そんなDIESELは昨年、LGBTQを支援する初のカプセルコレクションを発表し、ディーゼルの親会社であるOTBの基金「Only The Brave Foundation」と連携して、ストーンウォールのスピリットを米国の支援が必要なLGBTQコミュニティに届けるNPO「The Stonewall Inn Gives Back Initiative」に寄付を行っていました(詳しくはこちら

 引き続き、今年もプライド月間に合わせてプライドカプセルコレクションを発表しました。
 レインボーカラーをあしらったウェアやアンダーウェア、ビーチウェア、アクセサリーを展開。ボクサーショーツやブリーフ、ビキニ、タンクトップ、Tシャツ、ショーツ、キャップ、サンダル、ソックス、サングラス、時計といったバリエーション豊富なラインナップが揃います(全国の主要ディーゼルストア、ディーゼル公式オンラインストアで発売)
 同時に、生き生きと美しく輝くトランスジェンダー女性の姿を描いた『Francesca』というショートフィルムも公開しました。自身のジェンダーアイデンティティにしたがって、次第に変化を遂げ、夢を叶えていく様を祝福するような素敵な映像です。
 DIESELと親会社のOTB Foundationは、この取組みを通じて、トランスジェンダーの就業支援などの活動を展開するサンフランシスコのLGBTセンターとTGEU(Transgender Europe)をサポートする予定だそうです。



 

 

 
参考記事:
ディーゼル“レインボー”ロゴの新作メンズ&ウィメンズTシャツ、スイムウェアやサングラスも(FASHION PRESS)
https://www.fashion-press.net/news/61826

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。