g-lad xx

NEWS

ゲイ・セレブたちがプライド月間を祝福し、パートナーとの画像を続々と投稿しました

 リッキー・マーティン、ビリー・ポーター、ルーク・エヴァンスといったゲイのアーティストや俳優が、パートナーとの写真をシェアし、プライド月間を祝福するメッセージを発信しました。

 リッキー・マーティンの夫ジュワン・ヨセフは、「Happy PANDEMIC PRIDE everywhere」というコメントとともに、お揃いのマスクを着用しながら顔を寄せ合いキスする画像をインスタグラムに投稿しました。 

 俳優ビリー・ポーターの夫アダム・スミスは、アメリカで同性婚が認められてから5年を迎えたことを祝福し、2017年にビリーと結婚したときの写真をあらためてアップし、喜びを分かち合いました。
 
 『美女と野獣』のガストン役も記憶に新しいルーク・エヴァンスは、キャリアの初期からゲイであることをオープンにしているそうですが、今年2月に交際を公表したばかりの恋人、ラファエル・オラーラとのツーショット・セルフィーをインスタグラムに投稿しました。「どんなときも本当の自分で、ベストを尽くして。笑顔で、大きく息を吸って、誇りを持って立ち上がろう!」とプライド月間にふさわしいメッセージも添えられていました。

 『ミーン・ガールズ』などに出演している俳優のジョナサン・ベネットが公開したのは、レインボーフラッグを背景にした恋人ジェームズ・ヴォーンとのツーショット。「僕にとっての『プライド』は、ありのままの自分を受け入れて、愛すること。そのためには多くの時間が必要だったけれど、今は自分のことを誇りに思っている」とのコメントも。愛犬もレインボーカラーのスカーフを巻いているのがキュートです。


 ハリウッドのゲイカップルたちを紹介したHAPPY PLUS(SPURセレブ通信)の記事は、「プライド月間中の6月15日(現地時間)には、米最高裁で、LGBTQ+に対する職場での差別を違法とする判決が下されたことも話題に。今年は多くのイベントがキャンセルとなってしまったが、来年、ますますパワーアップしたイベントが開催され、LGBTQ+コミュニティへのサポートがさらに拡大することを期待したい」とのコメントで締めくくられています(まるでLGBTメディアのよう。プライド月間がすっかり当たり前のことのように認知されましたね)

 

参考記事:
ハリウッドの同性カップル、愛に満ちたツーショットでプライド月間を祝福!(SPUR.JP)
https://spur.hpplus.jp/culture/celebritynews/202007/01/MjNgAYA/gallery/
ハリウッドのイケメン同性カップルたちが、愛に満ちたツーショットをSNSに続々投稿!【SPURセレブ通信】(HAPPY PLUS)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2b41b76c22ae91ca796a71b22969805193988d75

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。