g-lad xx

NEWS

英国がエルトン・ジョンの記念硬貨を発売、ミュージシャンとしてはクイーンに次いで2例目です

 英国の硬貨を発行する王立造幣局は7月6日、エルトン・ジョンの半世紀以上にわたる活動を称え、記念硬貨を発行しました。英国造幣局によるミュージシャンの記念硬貨発行は、クイーンに続き2例目で、ソロ・アーティストとしては初だそうです。
 
 
 アーティストのブラッドリー・モーガン・ジョンソンがデザインした硬貨は、名曲『アイム・スティル・スタンディング』の時のエルトンのスタイルがモチーフになっています。サングラスが音符になっていて、カンカン帽や蝶ネクタイもあしらったデザインです。
 英メディアによると、金貨や銀貨など数種類が発行され、13ポンド(約1750円)から68865ポンド(約927万円)まで幅広い価格で販売されるそうです。(日本でも、こちらでお買い求めいただけるそうです)

 王立造幣局は「エルトン・ジョンはまぎれもなくイギリスの伝説的な音楽家です。彼の世代で最も成功しているシンガーソングライターの一人として評価されています。彼のイギリス音楽界への多大な貢献に対し、記念硬貨で称賛を贈ることになり、うれしく思います」とコメントしています。
 エルトンは「素晴らしい栄誉だ。硬貨発行は恐縮してしまうような出来事だ」と喜びを語りました。

 今回の記念硬貨発行は、英国のポップ音楽において大きな影響を与えた偉大なミュージシャンたちを取り上げる「伝説のミュージシャン」シリーズの第2弾になるそうです。ビートルズやストーンズを差し置いて、第1弾がクイーンで、第2弾がエルトンというセレクトが、もしかしてゲイを応援してるのでは?という感があって、素敵です(第3弾がジョージ・マイケルだったら完璧かも)

 
 エルトン・ジョンは今年3月、新型コロナウイルスとの闘いを支援するチャリティコンサートを開催しましたが、つい先日、HIV/エイズ治療の最前線に立つ人々や組織が、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、HIV感染予防や、社会的に最も取り残されているコミュニティへのケアに十分な準備・対応をしていけるよう支援する「新型コロナウィルス緊急基金」への資金集めとして、これまで世界各地で行ってきたコンサート映像を自身の公式YouTubeチャンネルにて6週にわたり72時間限定で公開する『エルトン・ジョン:クラシック・コンサート・シリーズ』をスタートさせました(残念ながら日本では視聴できないようです)
 4月には、エルトン・ジョンが自分自身の言葉で偽ることなく自らの来し方を語った『Me: エルトン・ジョン自伝』の日本語版が発売されています。

 



参考記事:
エルトン・ジョンさん記念硬貨に 英、半世紀の功績たたえ(共同通信)
https://www.47news.jp/news/4985967.html
エルトン・ジョンさん、記念硬貨に(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/p?id=20200706155350-0035124076
英国王立造幣局、 クイーンに続いてエルトン・ジョンの記念硬貨を発行(cinemacafe.net)
https://www.cinemacafe.net/article/2020/07/06/67916.html

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。