g-lad xx

NEWS

LGBTQのアイドルがファンに勇気を与えているという記事がNEWSポストセブンに掲載されました

 セクシュアルマイノリティであることをオープンにして活動するアイドルたちが徐々に増えていて、ファンに勇気を与えているという記事が「NEWS ポストセブン」に掲載されました。

 g-lad xxでは2017年、元でんぱ組.incの最上もがさんがバイセクシュアルであることをカミングアウトという記事をお届けしていますが、最上さんのほかにも、AKB48の51枚目シングル「ジャーバージャ」で初センターを務め、2018年に行われた「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」で第5位にランクインした岡田奈々さん(AKB48・STU48)が「バイセクシュアルなのかも」と発言しているそうです。
 岡田さんは、ネット番組『みゃおの部屋』でこのように発言し、トークアプリに寄せられた「カミングアウト?できてよかったですね」というファンのコメントに対して「いつか言おうと思っていたことなのでよかったのかもしれません」と返信していました。さらに2016年に放送されたドキュメンタリー番組『AKB48裏ストーリー 岡田奈々19歳、夢の代償』(CS放送「TBSチャンネル1」)でも、「好きな男性のタイプについて話しているとき、自分だけ全然盛り上がれない。逆に『好きな女性のタイプは?』って聞かれたらポンポン出てくる。やっぱり女の子のほうが好きだなって思うようになってしまって」と語っています。
 また、静岡県を拠点に活動する女性アイドルグループの「fairy larme」の永瀬柚花さんと木下ひまりさんは、メンバーどうしで交際していることを発表しています。
 グラビアアイドルとしては2009年、一ノ瀬文香さんがレズビアンであることをカムアウトし、その後、女優でダンサーの杉森茜さんと同性結婚式を挙げているほか(芸能人どうしの同性結婚式は初)、壇蜜さんもバイセクシュアルであることをオープンにしています。
 メンバー全員がセクシュアルマイノリティというアイドルグループとしては、「ゲイでもアイドルになれる」をコンセプトとしたゲイアイドル「二丁目の魁カミングアウト」をはじめ、プライドイベントに多数出演し、参加者を勇気づけた日本初のFtMユニット「SECRET GUYZ」(惜しまれながら解散しました)や、「秘密のオト女」なども活躍しています(もちろん、インディーズとしては虹組ファイツやNSM=などのみなさんも活躍しています)
 
 『「百合映画」完全ガイド』(星海社新書)の著者であり、アイドルファンでありレズビアンである社会学者の中村香住さんは、
「アイドルは、同性のファンも増えてきているとはいえ、まだまだ『異性向け』のコンテンツとされがちで、実際、異性愛主義的な価値観で運営されているグループがほとんどです。例えば、アイドルの世界には『恋愛禁止』の風潮がありますが、これも実質的には『異性との恋愛を禁止する』という意味として機能しています。これでは、世の中に今でも根強く存在する『異性愛こそが普通で正常だ』という信念が、アイドルコンテンツを通じてより強化されてしまい、同性愛差別につながりかねません。アイドル自身のセクシュアリティも、無前提に異性愛だと想定されています」と語っています。
 中村さんは、アイドルメディアでは当たり前の「好きな異性のタイプは?」といった質問などによって、旧来の価値観が再生産されてしまうこともあるため、セクシュアルマイノリティであることを隠さないアイドルたちを肯定的に受け止めているといいます。
「こうした状況を考えると、アイドル自身がセクシュアリティをオープンにするのは本当に勇気ある行為ですし、異性愛主義に風穴を開ける第一歩になることでしょう。また、応援しているアイドルのカミングアウトは、セクシュアルマイノリティ当事者のファンにとって、勇気を与えてくれるとともに自分に居場所を与えてくれると思います」 

 アイドルは特に、性的な目で見られたり、恋愛に近い感情を持つファンも多い存在ですが、ポップスターと呼ばれる人たちや俳優などのタレントも、多かれ少なかれそのような存在でしょう。日本でそういう方たちのカミングアウトがほとんどないのは、中村香住さんが言う異性愛主義によるところが大きいのかもしれないですね。異性のファンも同性のファンもOKだよ(異性愛も同性愛も分け隔てなく歓迎するよ)というふうに業界全体が変わっていくことが望まれるのではないでしょうか。
 
 ちなみに最上もがさんは、今回のNEWS ポストセブンの記事を受けて、「ぼくは昔から、恋愛対象として女の子も男の子も好きになってたけど、それを疑問に思ったことも、悪いと思ったこともないし、性別云々とは別に”その人だから”好きになるだけ。隠したこともないし(相手に伝えるかは別として)自らカミングアウトという表現を使ったことはないです」とTwitterでコメントしているそうです。
 

 

参考記事:
LGBTをオープンにするアイドルが増加 ファンに勇気与える(NEWS ポストセブン)
https://www.news-postseven.com/archives/20200726_1581077.html
最上もが 自身の恋愛観語る「性別云々とは別に”その人だから”好きになるだけ」(東京スポーツ)
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2016600/

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。