g-lad xx

NEWS

LGBTQをフィーチャーしたリアーナのブランドのファッションショーが絶賛されています

 リアーナが手がけるランジェリーブランド「SAVAGE X FENTY(サヴェージXフェンティ)」の最新コレクション・ショーが10月1日、LAで披露されました。多様な人種、体型、ジェンダー、セクシュアリティのモデルやエンターテイナーが起用され、素晴らしい!と絶賛されています。


 このショーでは、(M・A・CのVIVA GLAMのキャンペーンにも起用された)ロザリア、トラヴィス・スコット、ロディ・リッチ、バッド・バニー、そしてデミ・ムーアやリゾ、ノーマニ、ベラ・ハディッド、ウィロウ・スミス、キング・クームス、ビッグ・ショーン、パリス・ヒルトン、エリカ・ジェーンといったセレブがカメオ出演しているのをはじめ、パンセクシュアルのモデル/俳優のカーラ・デルヴィーニュが黒の下着とフェイスペイントで強く見事なルックを見せ、『POSE』でおなじみのインディア・ムーアは、ダンスまで披露しました。
 シェイ・クーリー、ジジ・グッド、ジェイダ・エッセンス・ホールといったドラァグクイーンはステージ中を歩き回り、観る者を魅了しました。
 それだけでなく、プラスサイズのゲイのダンサー、デクスター・メイフィールドや、パンセクシュアルのラッパー・チカ、クィアのメイクアップアーティストでモデルのライザ・フラワーズ、クィア・モデルのジャゼル・ザノーティ、トランスジェンダーのモデル、メンフィス・マーフィといった多様なタレントも登場しました。
 サヴェージXフェンティのショーは、あらゆるサイズ、ジェンダー、セクシュアリティ、人種、ボディタイプのモデルをフィーチャーしていました。太っているモデル、障害を持ったモデル、高齢のモデルもいました。『Out』誌は、「リアーナのインクルーシヴィティ(包括性)には疑いをはさむ余地がない」「全員が素晴らしかった」と賞賛しています。
 リアーナは「私が考えたただ一つのことは、みんなを集めること」とコメントしています。

 このショーが披露されたのと同じ日、サヴェージXフェンティのメンズのカプセルコレクションがオープンしましたが、クリエイティブ・ディレクター/フォトグラファーのSteven Gという黒人のプラスサイズな方がモデルをつとめており、これに気づいた方のTwitterへの投稿が32万件のいいねを集めています。「これが自分が見た中で初めての男性にとってのボディインクルーシヴィティだ」「リアーナがモデル産業の中でプラスサイズの男性のリプレゼンテーションをもたらしたのは本当にかっこいいこと」といったコメントも上がっています。
 
 なお、このショーは、アメリカのAmazon Prime Videoで配信されていますが、日本から見るのはちょっと難しそうです…昨年のショーが日本のAmazon Prime Videoで字幕付きで配信されていますので、今回のショーもしばらくしたら日本でも視聴できるようになると思われます。楽しみに待ちましょう。
 
 

参考記事:
See Your Favorite Queer Celebs in Rihanna's Savage X Fenty 2020 Show(Out)
https://www.out.com/fashion/2020/10/02/see-your-favorite-queer-celebs-rihannas-savage-x-fenty-2020-show
People are praising Rihanna for using diverse male models on the savage x fenty site(INDEPENDENT)
https://www.independent.co.uk/life-style/rihanna-savage-x-fenty-website-lingerie-male-models-plus-size-diverse-inclusivity-b758025.html

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。