g-lad xx

NEWS

ドラァグクイーンに憧れる男の子の実話に基づくポップなミュージカル映画『ジェイミー!』が2021年公開

 ドラァグクイーンとしてプロムに出場したいという夢を抱く男子高校生のジェイミーが、学校側の反対や無理解な父親との確執など多くの困難を乗り越えながら、自分らしくあろうとする姿に勇気と感動をもらえる、最高にハッピーなポップ・ミュージカル映画『ジェイミー!』が来年、公開されます。この素敵な情報は10月11日のカミングアウトデーに、世界一斉に公開されました。
 
 イギリスの男子高校生ジェイミー・ニューは、母親から真っ赤なヒールの靴をプレゼントされたことから、プロムにドラァグクイーンとして出席する夢を抱きますが、学校や教師は猛反対されてしまいます…セクシュアルマイノリティに理解のない学校や教師からの心ない言葉、理解のない父親との確執など、多くの困難に見舞われながら、それでもジェイミーは自分らしくあろうとする……。という実話が、BBCで「Jamie:Drag Queen at 16」というドキュメンタリーとして放映されました。これをミュージカルにしようという企画が持ち上がり、2017年11月に『Everybody’s Talking About Jamie』としてシェフィールドで初演され、絶賛の声を受けてウエストエンド(ブロードウェイと並ぶミュージカルの聖地)での上演がスタート、初演から3年以上が経った今も上演が続けられている大ヒット作となりました。2018年にはイギリス最高峰の演劇賞「ローレンス・オリヴィエ賞」の5部門にノミネートされ、ワッツ・オン・ステージ・アワードでは3部門に輝きました。そしてこのたび、ミュージカル映画『ジェイミー!』として日本でも来年、がウォルト・ディズニー・ジャパン配給で公開されることがアナウンスされました。
 ジェイミー役には、オーディションで選ばれたマックス・ハーウッドが抜てきされました。彼は本作で本格的な映画出演を飾るそうです。その他、サラ・ランカシャー、リチャード・E・グラントらも出演します。舞台版で演出をつとめたジョナサン・バターレルが監督を、舞台版の脚本を書いたトム・マクレーが映画の脚本・作詞を手がけています。
 全米での公開は2021年2月26日を予定しており、日本での公開日決定が待たれます。
 ウエストエンド発祥のミュージカルとしては『オペラ座の怪人』『ミス・サイゴン』『キャッツ』に続く新たな代表作となりそうです。 

 予告編の映像がTwitter上にもアップされていました。思わず「これは観たい!」と思わせるものがあります。公開が楽しみ!



参考記事:
ディズニーが大ヒット・ミュージカルを映画化 感動作「ジェイミー!」2021年日本公開(CDJournal)
https://www.cdjournal.com/main/news/-/88056
英国発人気ミュージカル『Everybody’s Talking About Jamie』映画化、2021年公開決定(THE RIVER)
https://theriver.jp/jamie-jp-release/
イギリス発のミュージカル「Everybody’s Talking About Jamie」映画化、日本でも2021年公開(ステージナタリー)
https://natalie.mu/stage/news/400229
ディズニー配給新作は大ヒットミュージカル映画化『ジェイミー!』(映画ログプラス)
https://tokushu.eiga-log.com/new/55589.html

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。