g-lad xx

NEWS

【米大統領選】米史上初、トランス女性が州議会上院議員に当選

 史上初めて郵便投票を含む期日前投票が1億人を超えたり、ゲイバーが投票所としてお店を提供するなどLGBTQコミュニティの投票への呼びかけがかつてないほど高まっている今回の米大統領選。世界中がその行方を見守っていますが、11月3日には米連邦議員選や州議会議員選なども同時に行われました。米東部デラウェア州の州議員選では、LGBTQ活動家でトランスジェンダー女性のサラ・マクブライド氏が州上院議員に当選しました。トランスジェンダーの候補者が州上院議員に当選するのは米史上初です。
 
 サラ・マクブライド氏はトランスジェンダーとして初めてホワイトハウスで働いた経験を持ち(オバマ前政権時に研修生として)、LGBTQ権利擁護団体「ヒューマン・ライツ・キャンペーン」で報道官を務めたり、2016年にはトランスジェンダーとして初めて民主党全国大会でヒラリー・クリントン氏の応援演説をするなど、トランスジェンダー活動家として目覚ましい活躍をしてきた方です。
 マクブライド氏はジョー・バイデン前副大統領の地元であるデラウェア州ウィルミントン出身で、民主党の地盤で圧倒的な支持を集めました。
 マクブライド氏はTwitterで「米国に暮らすLGBTQの子どもたちに、この結果を見て民主主義が十分に役目を果たしていると実感してほしいです」「私たちは成し遂げました。ありがとう」とコメントしました。

 LGBTQ Victory Fund(全米のLGBTQの候補者を応援する団体)のアニス・パーカー代表(元ヒューストン市長)は、「サラの圧倒的な勝利は、昨今のトランスジェンダーのリーダーの影響力の象徴であり、数えきれないくらい多くのトランスジェンダーの人々に希望をもたらすものです」と祝辞を贈りました。

 
 なお、サラ・マクブライド氏以外にも、州議会選挙で当選を果たしているトランスジェンダーの方がいらっしゃいます。
 バーモント州では、トランス女性のテイラー・スモール氏が州下院議員に当選し、同州初のトランスジェンダー議員となりました。
 カンザス州では、トランス女性のステファニー・バイヤーズ氏が州下院議員に当選し、同州初のトランスジェンダー議員となりました。

  
 このほか、州議会議員選挙では続々とLGBTQ候補者の当選が届いています。のちほど、まとめてお伝えいたします。
 

 
 
参考記事:
Sarah McBride Makes History as Nation's First Openly Trans State Senator(Advocate)
https://www.advocate.com/politics/2020/11/03/sarah-mcbride-makes-history-nations-1st-openly-trans-state-sen
【速報中】激戦州のフロリダでトランプ氏勝利 開票続く(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASNBX4RX3NBXUEHF004.html
米東部州議会選、「トランスジェンダー」公言の議員が誕生へ 史上初か(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20201104/k00/00m/030/113000c

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。