g-lad xx

NEWS

11/29開催のレインボーフェスタ和歌山にアドベンチャーワールドがブース出展します

 和歌山県を代表するテーマパークであり、パンダにも会える(つい先日、パンダの赤ちゃんが誕生したこともニュースになった)アドベンチャーワールドが、29日開催のレインボーフェスタ和歌山にブース出展することが発表されました(こちら

 レインボーフェスタ和歌山は、2017年から開催されてきたLGBTQの野外イベントです(関西では大阪のRAINBOW FESTA!、三重県のレインボーフェスタみえ、レインボーフェスタ和歌山、そして2018年からは奈良でもレインボーフェスタが開催されています)。パレードこそ行なわれないものの、ステージで虹組ファイツやNSM=、DXハンターなどの人気グループがパフォーマンスを繰り広げ、広場にいろんなブースが並び、2日間にわたるお祭りを通じて、和歌山の当事者の方たちが「和歌山で自分らしく生きてええんやなあ」と思えるような、また、市民にLGBTQについての理解を深めていただくような啓発の機会ともなってきました。
 今年は全国のほとんどのレインボーイベント(パレードやフェスなど)が中止となってきましたが、和歌山は新型コロナウィルス感染対策がうまくいっている(6月には近畿地方で初めて感染者数がゼロになりました)ということもあり、対策を取りながら開催する運びとなりました。会場でのソーシャルディスタンスだけでなく、県外からのゲストは呼ばず、「日常的に和歌山に関わりがあるグループ、人」の演者やブース出展に限定するかたちで、1日だけ開催されます。テーマは「多様性の「わ」を未来へつなげていこう」です。
 
 そんなレインボーフェスタ和歌山2020に、和歌山を代表するテーマパークである南紀白浜アドベンチャーワールドがブース出展で参加することを発表しました。ブースでは(さすがにパンダは来ないですが)パンダやイルカなど多様な生き物をあしらった素敵なレインボーカラーのオリジナルステッカーが配布されます。「LGBTの象徴であるレインボーの中で、多様な種の生き物が暮らしているというイメージでステッカーを作成」したそうです。
「現在アドベンチャーワールドでは、様々なLGBTQイベントに参加したり、研修などを行い、スタッフ全員がLGBTQに関する理解を深めることで、誰もが楽しめるパーク、そして安心して働きやすい環境を目指しています」とのことです。

 今年リアル開催されるレインボーイベントは、このレインボーフェスタ和歌山が最後となりそうです。
 和歌山在住の方、近県の方などもぜひ(コロナに気をつけながら)お出かけください。
 
レインボーフェスタ和歌山2020
日時:2020年11月29日(日) 10時〜16時
会場:和歌山城砂の丸広場

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。