g-lad xx

NEWS

「神様はゲイの僕も愛してくれる?」と少年がサンタに送った手紙が人々の心を揺さぶりました

 クリスマスに向けてUSPS(米国郵便公社)がサンタクロース宛ての手紙を子どもたちから募集したところ、「サンタさんはLGBTQコミュニティをサポートしてくれる? 僕がゲイでも愛してくれるかどうか神様に聞いてもらえる?」というお手紙が届き、大勢の人たちが涙しました。

 アメリカの子どもたちにとって、サンタクロースからプレゼントがもらえるクリスマスは一大イベントであり、クリスマスは年間を通じて最も大切なホリデーシーズンです。そこで郵便公社は(おそらく恵まれない子どもたちのことも考慮して)サンタクロース宛ての手紙を子どもたちから募集し、子どもたちから集まった欲しいものリストを通して彼らの希望を叶えるという夢のある企画を打ち出しました。
 そうして送られてきた手紙の中に、ウィルというゲイの男の子からの手紙がありました。
「親愛なるサンタさんへ
 サンタさんはLGBTQコミュニティをサポートしてくれますか?
 そして、もし神様とお話できるなら、僕は神様を愛していると、そして神様はゲイである僕を愛してくれるかどうか聞いてみていただけますか?
 ありがとう。
 愛を込めて。ウィルより」

 USPSのサイトで公開されたこの手紙はナンシー・クルス・ガルシアさんの目に留まり、彼女は「胸が張り裂けそう」「この手紙を読んで泣いた。子どもは本当にプレシャスな存在なのに…」というコメントとともにウィルくんの手紙をTwitterに投稿しました。
 この投稿は瞬く間に拡散され、20万以上の「いいね!」がつき、返信欄には「ただただ、彼をハグをしたい」「この小さな男の子を守るために、誰と闘ったらいいのでしょう」「(この手紙を読んで)一番心が痛むのは、この男の子が必要とする愛情を受け取れていない可能性があるということ」「もちろんですよ。サンタさんは君のことを愛していますし、神様だって君を愛しています」など、ウィルくんへエールを贈るコメントがあふれました。
 
 USPSでは12月4日から、一般の人々がサンタの代わりに子どもたちからの手紙を引き取って、返信やプレゼントを贈る企画をスタートするそうです。昨年は、1万を超えるプレゼントが子どもたちに贈られたそうです。きっと今年も、ウィルくんの手紙を引き取った誰かが、素敵な贈り物を届けてくれるはず。そう願います。

 

参考記事:
「ゲイでも愛してもらえますか?」少年がサンタへ送った手紙が話題
https://www.cosmopolitan.com/jp/trends/trend-news/a34821817/letter-to-santa/

INDEX

SCHEDULE