g-lad xx

NEWS

ベイルートの爆発で壊滅状態に陥ったLGBTQコミュニティを救うためのチャリティが立ち上げられました

 8月4日にベイルートで起こった大爆発でLGBTQコミュニティが壊滅したことを受けて、ロンドンのレバノン人クィアとアライのコミュニティがチャリティを立ち上げました。

 
 ベイルートはアラブ世界の「LGBTQの首都」として知られ、マル・ミカエル(Mar Mikhael)とジェマイゼ(Gemmayze)という地区にバーやクラブが点在し、活気のあるナイトライフが楽しめました。レバノンでは未だに同性愛が違法ではあるのですが、LGBTQ団体の活動のおかげもあって、逮捕されたりはせず、アラブ世界の中では最も安全で、コミュニティ活動も盛んです。2017年には初のプライドイベントが開催され、パレードこそ行われなかったものの、ドラァグクイーンのショーや映画上映、クラブパーティなどが行われました。それでも、保守的な家族との関係がうまくいかなかったり、生きづらさを感じ、LGBTQに寛容な環境を求めて国を離れる人たちも少なくありません。
 ロンドン在住のレバノン人クィアであるダニエル・ナスルさんもそうした一人です。
 
 ダニエル・ナスルさんは8月4日、ベイルートの湾岸での大爆発のニュースを見て、「涙が止まらなかった」といいます。
「血だらけの人々があんなにたくさん病院に担ぎ込まれた光景を見たことがありません。みんな傷ついて、家も持ち物もなくしてしまいました」
「あれを見た人は誰もが無力感に打ちひしがれたと思います。荒廃した街…やりきれない思いです」
「この爆発の以前から、レバノンは崩壊寸前でした。経済的にも、政治的にも、コロナのパンデミックにおいても。国民は打ちひしがれ、一種の集団うつ状態に陥っていました。ディアスポラ(民族離散)状態の私たちも同様です」
「爆発のニュースを見て、すぐに思ったのは、私の家族、そして友達のこと。この先どうなるのかと、暗澹たる気持ちになりました」
 
 マル・ミカエルとジェマイゼという2つのLGBTQ地区は、どちらも爆発地点から500mしか離れておらず、完全に破壊されてしまったといいます。
「私たちの街が壊滅してしまいました。友達の多くは、あの辺りに住んでいました。全て無くなってしまいました」
「LGBTQコミュニティの最大の危機です。特にトランス女性にとって」
「あそこは、私たちが長い間築いてきたカルチャーの拠点であり、LGBTQのホームタウンでした」
 
 ダニエルさんは、友人たちと一緒に、寄付金を募る仕組みを立ち上げました。それが最善の対処法だと感じたからです。
「友達と、何かしなくてはと話しました。それで、在外レバノン人のグループを発足させ、ロンドンのクィアコミュニティや、アライや、友達もかき集めて。できることをやろうと結集しました」
 そうして「Rebuilding Beirut with Pride」が立ち上げられました。アラブ系のドラァグクイーンのショー、ライブ、アートの夕べ。ベイルートへの愛、そこに住まう人々への愛、そして復興への祈りが込められたイベントです。8月22日にロンドンで開催され、オンライン配信もされます(イベントのチケットはこちら)。それとは別に、5ポンド(約700円)から寄付も可能です(下のバナーからどうぞ)
 このイベントの収益は、レバノン赤十字と、爆発の犠牲者に食料を供給する団体、ホームレスになってしまった人々に安全な場所を提供する団体、そしてメンタルヘルスのケアをする団体に寄付されますが、最も大きな割合が、レバノン・トランスジェンダー・リリーフ基金などのLGBTQ団体への寄付に充てられます。ダニエルさんらは、ベイルートのLGBTQと連絡をとって、現地のコミュニティがどのようなサポートを必要としているのか、見極めようとしているところです。
 「Rebuilding Beirut with Pride」には、立ち上げてから2日間で8,000ポンド(約1,114,800円)もの寄付が集まったそうです。
 ダニエルさんは「私はベイルートのクィア・コミュニティに多くを負っています。それは本当にかけがえのない、連帯の歴史を誇ってきたコミュニティです。レバノンは傷ついています、クィア・コミュニティも。ぜひ、支援をお願いします」
 
 
参考記事:
Lebanese expats launch fundraising drive to ‘rebuild Beirut with Pride’ after devastating blast wiped out city’s queer scene(Pink News)
https://www.pinknews.co.uk/2020/08/10/rebuild-beirut-with-pride-blast-lgbt-lebanon-fundraising-gofundme-daniel-nasr/

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。