g-lad xx

NEWS

英国の22歳の現役ラグビー選手がバイセクシュアルであることをカムアウトしました

 英国のリーヴァイ・デイヴィス(22歳)がバイセクシュアルであるとカムアウトしました。彼は現役のプロ・ラグビー選手であり、また、他のラグビー選手とともに「Try Star」というユニットで歌を歌ったりもしている人気タレントです。

  
 リーヴァイ・デイヴィスは今年4月、イングランド「バース・ラグビー」のチームメイトに、以下のようなメールを送りました。
「やあみんな。僕は今、4年間僕をすり減らしてきたことについて語りたいと思う。友達やチームメイトのみんなに、オープンで正直でありたいと思うから。僕はバイセクシュアルなんだ」
 メッセージを送った後、自分のキャリアを破壊するような間違いを犯したのではないかと思い、ひどくストレスを感じましたが、すぐに恐れる必要はないとわかりました。「俺たちは君をサポートする」「君はなんて勇敢なんだ」「何も変わらないよ」というあたたかいメッセージが届いたからです。
 
 『デイリー・メール』紙に語ったところによると、リーヴァイ・デイヴィスは自身のセクシュアリティをなかなか受け容れることができませんでした。女性とつきあっている時も、男性とつきあっている時も、疑問を感じてしまうのです。「もし僕が女性とつきあっていたら、人々は『本当はバイセクシュアルじゃないんだろう』と言う。同時に、つきあってる女性は、僕が本当は女性を愛してるわけじゃないと思うかもしれない。逆に、男性とつきあっていたとしたら、人々は『本当はゲイなんだろう』と思うだろう。全然真実じゃない。僕は性別じゃなく、その人に惹かれるんだ」

 リーヴァイ・デイヴィスは、そのたくましい脚と大胸筋とスピードのおかげで、よく写真に撮られる選手です。
 カリスマ的なウィング選手は、「人生はパーティだ」という明るいスタンスでも知られています。街にもよく繰り出します。
 彼はスポーツ以外でも才能を発揮し、「Celebrity X Factor」(英国のセレブ版オーディション番組)に出場して「Try Star」というボーイズバンドで歌ったりもしています。歌いながらシャツをはだけて鍛え上げられた肉体を誇示するパフォーマンスで人気を博し、セミファイナルまで勝ち進みました。
 
 実はリーヴァイは幼少期に厳しい経験をしています。生まれた時から父親を知らず、母親は適切に子どもの面倒を見ることができない人だったため、英国の田舎の方で養子として育てられました。しかし、ラグビーで才能を発揮し、奨学金を得てハイクラスな寄宿舎学校に進学し、そこでスポーツも学問も学ぶことができました。
 現在はプロのラグビー選手として活躍し、最近、「イーリング・トレイルファインダーズ・ラグビークラブ」と2年の契約を結ぶことに成功しました。「素晴らしい機会だ」とリーヴァイは喜びを語っています。

 なお、プロ・ラグビー界でのカミングアウトとしては、2009年にゲイであることをカムアウトしたギャレス・トーマス選手が有名です(ギャレス・トーマスはHIV陽性であることもカムアウトしました)。続いて2015年には、キーガン・ハースト選手もゲイであることをカムアウトしています。
 

参考記事:
Rugby star Levi Davis comes out as bisexual: ‘I want people to feel they can be who they are’(OutSports)
https://www.outsports.com/2020/9/14/21436131/levi-davis-rugby-bisexual
Meet Levi Davis, Pro Rugby's First Out LGBTQ+ Active Player(Out)
https://www.out.com/sports/2020/9/14/meet-levi-davis-pro-rugbys-first-out-lgbtq-active-player
Rugby Star and X Factor Contestant Levi Davis Comes Out as Bisexual(Towleroad)
https://www.towleroad.com/2020/09/levi-davis-bisexual/


INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。