g-lad xx

NEWS

鹿児島市も同性パートナーシップ証明制度導入へ、2021年度早期運用目指す

 鹿児島市の下鶴隆央市長は1月29日の定例会見で、同性パートナーシップ証明制度を導入する方針を明らかにしました。2月上旬にパブリックコメントを実施し、2021年度早期の運用を目指します。鹿児島県では指宿市が4月に導入予定で、鹿児島市は2例目となります。

 鹿児島市の制度は要綱で定める「パートナーシップ宣誓制度」で、法律上結婚できない同性カップルが人生のパートナーとして宣誓すれば、市が宣誓受領証(証明書)を発行するもので、法的効力はないものの、市営住宅の申し込みや携帯電話会社の家族割などのサービスが可能になります。市内在住か転入を予定する20歳以上の同性カップルが対象です。 

 下鶴市長は「性的指向や性自認にかかわらず、一人一人の人権や多様性は尊重されるべき」「性的少数者の方々が抱える生きづらさの解消に向けた取り組みの一環として、令和3年度早期の『パートナーシップ宣誓制度』の導入を目指します」と語りました。
 
 鹿児島市では、森博幸前市長が2019年1月の定例記者会見で同性パートナーシップ証明制度の導入の意向について尋ねられ、「パートナーシップ宣言や条例といったものについては今の段階では進めることはしない」と述べていました(詳細はこちら
 同年9月の市議会では、LGBT施策が議題に上った際、一部会派の代表質問が「(同性パートナーシップ証明制度の)ニーズはほとんどない」「地方都市がLGBT施策を推進すべきでない」「自然の摂理に合った男女の性の考えを強調すべき」などという差別的な発言で問題になり、抗議運動が起こりましたが、謝罪には至っていません。鹿児島のLGBT団体「レインボーポート向日葵」は、改めて同性パートナーシップ証明制度導入の要望を行ないました。市は有識者や当事者と意見交換の場を設け、導入を検討していたそうです。
 そして、下鶴市長は昨年11月29日投開票の市長選で初当選した方ですが、公約に「速やかに同性パートナーシップ宣誓制度を導入するとともに、生活上必要な効果が得られるよう、市の制度改正に加え民間事業者等へも啓発や協力要請を行います」と掲げていました。今回、下鶴市長が公約に沿って制度導入を決めたかたちです。
 「レインボーポート向日葵」の正貴さんは「県都での導入は意義が大きい」「制度の導入で、地域や学校現場での人権啓発にもつながる。県内の他の自治体にも波及してほしい」と語りました。

 鹿児島県では昨年9月、指宿市が県内で初めて「パートナーシップ宣誓制度」導入の方針を固めました。今年4月から導入されます。指宿市の制度では、事実婚の異性カップルも対象に含まれますが、鹿児島市では戸籍上同性のカップルのみを対象とする方向です。
 

 なお、鹿児島といえば西郷さんですが、2018年に放送された大河ドラマ『西郷どん』で(放送前から「ボーイズラブ」の要素があると発表され、騒がれていましたが)、鈴木亮平さん演じる西郷隆盛こと吉之助と、尾上菊之助さん演じる月照が抱き合い海に身を投げる(心中を図る)シーンが話題になりました。自分だけが生き延びた吉之助は「殺してくれ」と咽び泣きます。林真理子さんの原作では、もっとはっきりと男色の関係が描かれています。
 このドラマでは描かれていませんでしたが、氏家幹人氏の『武士道とエロス』でも述べられているように、武士道(衆道を含む)の名残が強かった薩摩藩では、年長の青年が少年を庇護し、愛する「男同士の絆としての男色」が推奨されていたことが史実として知られています。薩摩藩には郷中と呼ばれる青少年の教育機関があり、藩士の子弟は8歳で稚児として郷中に加わり、14歳からは兵児二才(へこにせ)と呼ばれ、20歳まで厳しく文武の訓練を受けました。戦国時代の衆道と同様、年長者である兵児二才は稚児を(男色関係も込みで)寵愛し、立派な武士に育て上げたのでした(ニューズウィーク日本版の記事「歴史の中の多様な「性」」でも、そのような記述があります)。こうした薩摩藩出身の青年たちが、明治期の東京に男色(美少年を愛でる文化)をもたらしたと考えられていました。
 日本で古代から薩摩藩まで連綿と続いてきた男色文化は(女性蔑視の上に成り立つもので)、現代のゲイの文化とは似て非なる物ではあるのですが、命を懸けるほど本気で愛する気持ち(絆)の純粋さはきっと、当時も今も変わらないでしょうし、極楽浄土にいらっしゃる西郷さんも理解してくれるのではないか、きっと故郷の鹿児島で同性カップルを承認する制度が認められることを祝福してくれているのではないかと想像するものです。


参考記事:
性的少数者のカップル公認制度 鹿児島市が導入へ(MBC南日本放送)
https://www.mbc.co.jp/news/article/2021012900047217.html
鹿児島市「パートナーシップ宣誓制度」導入へ(KTS鹿児島テレビ) 
https://www.kts-tv.co.jp/news/5706/
パートナーシップ制導入へ 鹿児島市、21年度早期運用目指す(南日本新聞)
https://373news.com/_news/?storyid=132109
LGBTカップル公認へ 鹿児島市(読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20210129-OYTNT50079/

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。