g-lad xx

NEWS

「死ぬ前に女になりたかった」という91歳の方が一日だけ女装して歌い踊る「ボールルーム」が3/7、釜ケ崎で開催。オンライン鑑賞を受付中

 3月7日(日)午後、大阪の日雇い労働者の街・釜ケ崎にあるカフェで、91歳のおじいちゃんたちがお化粧して、女性の服を着て、本当の自分を解き放ち、歌って踊る一日限りの「ボールルーム」が出現します。無観客でオンライン配信されるそうです。

 朝日新聞の記事「91歳「死ぬ前に女に」 一日限り、さらけ出す舞踏場」でフィーチャーされたのは、長谷忠さん、91歳。「死ぬ前に女になりたかった。若い時は『ばれたらあかん』という時代やった」と語る長谷さんは、高松市出身で、物心ついた時から自分の中に女の子を感じていたといいます。好きになるのは男性で、戦争一色の思春期を「あたしは仮装男」と思って耐え忍んだそうです。戦後、大阪府東大阪市で電報配達の仕事に就き、定年退職した後に初めて、女性になりたい願望や男性が好きという感情がわかる人々と出会う機会を得たそうです。長谷さんは2019年8月、多様な価値観が交わる街、西成区釜ケ崎に移り住みました。1970年代に全国から単身の日雇い労働者が集められ、不安定な雇用のため仕事がなくなると路上生活をしたり生活保護を受けたりしてなんとか暮らしを成りたたせる人たち、生まれ故郷や家族のもとを離れた人たちが支えあって生き生きと暮らす街です。昨年7月、釜ケ崎で活動する若者たちが長谷さんの思いを知り、生まれて初めて女装した姿で歌う会を設けてくれたそうです。釜ケ崎のカフェ「ココルーム」で開催された舞踏会は「カマボール」と名付けられました。 
 もう一人、2017年から西成区に住む61歳のゆうさんは、ドラァグクイーンとして出演します。44歳の時にHIV感染がわかり、「人生が変わった」と、「何回命を捨てたかと思うくらい、ひどい言葉を投げかけられてきた」そうです。そんなゆうさんも、釜ケ崎で人生の浮き沈みを経てきた多くの人と知り合い、「もう何言われてもいい。好きに生きよう」「世間の価値観なんて別にええやん」と思えるようになりました。「やっとといいます。カマボールでは「思いっきり派手に着飾って、非日常を味わいたい」と意気込みます。

 「カマボール」のバナーのキャッチコピーから、これが映画『Paris Is Burning(パリ、夜は眠らない)』のボールルームへのオマージュであることがわかります(たぶん若者たちがデザインしてくれたのでしょう。素晴らしいです)
 『パリ、夜は眠らない。』や『POSE』では、黒人やヒスパニック系のクィア(ゲイだったりトランス女性だったり)たちが、家族に家を追い出され、行き場もなく、仕事もなく、貧しく、黒人社会からも白人ゲイコミュニティからも差別を受け、HIVにも感染したりというなかで唯一、「ボールルーム」でだけは自分らしく着飾り、貴族やお金持ちの白人のようなエレガントな動きをCAMPにアレンジしたダンス(ヴォーグ)の技を競い合いながら、生き生きと輝く姿が描かれていました。華やかに見えるボールルームは、あまりにも壮絶でシリアスな現実と表裏一体だったのです。
 長谷さんたちのステージ「カマボール」は、まさに日本の「ボールルーム」です。戦前生まれの長谷さんは、ずっと「ばれたらあかん」と思いながら、ひたすら本当の自分を抑えつけ、耐えながら生きてきました(おそらくミナミや新世界にゲイシーンがあることも知らなかったのでしょうね…)。釜ケ崎という多様性の街で、たまたまやさしい若者たちと知り合って、生まれて初めて「死ぬ前に女になりたかった」という夢を叶えることができたのです…。そして3月7日の「カマボール」では、そんな長谷さんが、還暦を過ぎたHIV陽性のドラァグクイーンのゆうさんと一緒に、お化粧して、手づくりの衣装をまとい、音楽にのってココルームの庭をランウェイに見立てて踊って歩きます。長谷さんは芸者の女性になりきり、自ら作詞作曲した歌も披露するそうです。きっと本当の自分を解放し、人生の最高に輝かしい瞬間となることでしょう…あの名作『POSE』の感動と相まって、深く胸を打たれ、泣く予感しかありません。
 
 皆さんもぜひ、この場に立ち会い、長谷さんたちの喜びを共有し、祝福しませんか。
 オンライン鑑賞の申込みは、3月6日(土)24時までです。


釜ヶ崎ココ〈ボール〉ルーム(略称:カマボール)
日時:2021年3月7日(日)14:00-16:00
オンライン配信(申込みはこちらから)
無料
主催:カマは燃えている実行委員会
共催:特定非営利法人こえとことばとこころの部屋、大阪大学COデザインセンター


参考記事:
91歳「死ぬ前に女に」 一日限り、さらけ出す舞踏場(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASP354DVSP2SPTIL041.html
カマは燃えている/ ココ〈ボール〉ルームでなりたい自分になる あらためて"多様性"をかんがえる連続企画(大阪大学)
https://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/seminar/2021/03/8962

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。