g-lad xx

NEWS

「スカイ ウォッカ」が売上の一部を「Marriage For All Japan」へ寄付、TRP等にも協賛

 サンフランシスコ発のウォッカブランド「SKYY Vodka(スカイ ウォッカ)」が、LGBTQ支援の新キャンペーンとして『スカイ ブルー』の売上の一部を「Marriage For All Japan」に寄付することや、今年の東京レインボープライドへの協賛を表明しました。

 「スカイ ウォッカ」は1992年、サンフランシスコで誕生したウォッカブランドです。サンフランシスコだけに、LGBTQコミュニティ支援には力を入れており、昨年は世界的なメディアエージェンシー「Mindshare USA」が提供開始したLGBTQ関連のメディアや出版物をサポートする新しい広告プラットフォームのローンチパートナーとして契約し、逆境に直面しても明るく輝き、多様性を賛美する人々をフィーチャーした「Proudly American」という広告キャンペーンを実施しています(詳細はこちら

 そんな「スカイ ウォッカ」がこのたび、東京のプライドシーズンに合わせたLGBTQ支援の新キャンペーンとして、看板商品の『スカイ ウォッカ』と、『スカイウォッカ』を100%ベースにしながらシトラスやパッションフルーツなどのフレーバーが人気の『スカイ ブルー』の売上の一部を「Marriage For All Japan – 結婚の自由をすべての人に」に寄付することを発表しました。「Marriage For All Japan」への寄付の内容を記した首かけポップ付き『スカイ ウォッカ』は4月19日(月)から、『スカイ ブルー』は5月上旬からの出荷を予定しているそうです。
 併せて「スカイ ウォッカ」は、今年の東京レインボープライドへの協賛を表明しているほか、MISIAさんがパーソナリティを務め、LGBTQコミュニティから生まれる新たな文化にフォーカスするラジオ番組「LOVE RAINBOW TRAIN」にも4月3日放送分から協賛するそうです。
 
 『スカイ ウォッカ』や『スカイ ブルー』、二丁目のバーやクラブでもすでに販売されていますし、飲んだことがある方もいらっしゃることでしょう。見かけた際はぜひ、注文してみてください。お酒が強くない方でも飲みやすいですよ。



参考記事:
「スカイ ウォッカ」が同性婚の実現を目指す団体へ売上の一部を寄付(Time Out Tokyo)
https://www.timeout.jp/tokyo/ja/news/sky-vodka-sky-blue-marriage-for-all-japan-031821
LGBTQをサポートするサンフランシスコ生まれのプレミアムブランド「スカイ ウォッカ」と「スカイブルー」が新キャンペーンを開始!(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000058608.html

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。