g-lad xx

NEWS

今年はレインボー・リール東京が開催されることになりました

 昨年はコロナ禍で中止を余儀なくされたレインボー・リール東京ですが、今年は開催されることが決定しました。7月16日(金)~7月29日(木)の14日間、シネマート新宿とシネマート心斎橋にて開催されます。

 1992年から始まり、国内で最長寿のLGBTQコミュニティイベントとなっているレインボー・リール東京(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)。昨年は、コロナ禍の影響で中止を余儀なくされました(東日本大震災の年に時期をずらして開催されたことはありましたが、中止となったのは初めてでした)
 今年も中止になったらさびしいなぁと思っていた方もいらっしゃると思いますが、4月19日、開催のアナウンスがありました(よかったです!)。第29回レインボー・リール東京は、7月16日(金)~7月29日(木)の14日間、シネマート新宿とシネマート心斎橋にて開催されるそうです。今年は特に要望の多かった関西でも開催、実に21年ぶりだそうです(90年代、QFFというグループが東京の映画祭での上映作品を京都・大阪でも上映していました)
 96年以来ずっと映画祭の会場となってきたスパイラルホールがついに会場から外れ、シネマート新宿での開催となった(したがって、広々としたホワイエにブースがいろいろ出て、というスタイルはとれなくなった)ことはさびしいものがありますが…(きっと運営上の事情ですよね…お察しします)
 ともあれ、今年は開催されるということを朗報と受け止め、喜びましょう。
 
 以下、代表の宮澤英樹さんからのご挨拶の言葉をお伝えします。
「ようこそ、レインボー・リール東京へ。
 昨年は、私たちの映画祭も新型コロナウイルスの影響から逃れることはできず、1年に1回行ってきたこの大切なイベントをお休みせざるを得ませんでした。
 大切にしてきた私たちと同様に、きっと大切に思ってくれている人たちも残念な気持ちだったことと思います。でも、それだけ大変な日々が続いています。
 そんな中でも、当然だけど地球は回転をやめないし、私たちは生き続けることをやめたりしない。生きて、笑って、泣いて、怒る。私たちは人を愛する、同性も異性も関係なく。
 それはウイルスであっても止められない。
 その証は、私たちの選んだ作品の中にあります。ぜひ見つけてください!」


第29回レインボー・リール東京(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)
会期・会場:
2021年7月16日(金)~7月22日(木・祝)@シネマート新宿
2021年7月23日(金・祝)~7月29日(木)@シネマート心斎橋
(各会場:計7日間 合計:14日間)
主催:NPO法人レインボー・リール東京
会場協力:株式会社エスピーオー

 なお、レインボー・リール東京は5月5日(水祝)に「Rainbow Reel Tokyo Online ―台湾のクィア映画を見よう!語ろう!」のトークイベントを開催します(映画配信は3日から)。「GagaOOLala」を設立した(台湾国際クィア映画祭を立ち上げた人でもある)ジェイ・リン氏が登壇するところに注目!です。台湾が映画やメディアのジャンルでもいかに先を行っているかということがよくわかるイベントになりそうです。

INDEX

SCHEDULE