g-lad xx

NEWS

イシヅカユウさんがトランス女性の役を演じる映画『片袖の魚』が7月10日から公開されます

 昨年、トランス女性がトランス女性の役を演じる『片袖の魚』という映画の製作が発表とのニュースをお伝えしていましたが、このたび、新宿K's cinemaにて7月10日から公開されることが決定しました。


 自分を不完全な存在だと思い込み、自信を持てないまま社会生活を送るひとりのトランス女性が、新たな一歩を踏み出そうとする――そんなささやかな瞬間の物語を、文月悠光さんの詩を原案として、国内外の映画祭で高い評価を得ている東海林毅監督が映像化しました。主演は「パンテーン PRO-V ミセラーシリーズ」のCMや、オンワードの「IIQUAL」メインビジュアルを務めるなど、ますます活躍を見せているイシヅカユウさんです。
 
 監督の東海林毅さん(オープンリー・バイセクシュアルの方です)は、「トランスジェンダー役はトランスジェンダー当事者の俳優に」との思いで、トランス女性俳優を公募し、イシヅカユウさんのキャスティングを決めました。
 東海林さんは「トランスジェンダー役はトランスジェンダー当事者の俳優に」ということは「"役"と"役者の属性"を固定化させよう」という主張「ではない」と考えます。むしろ現状は「トランスジェンダー役もシスジェンダー俳優に」という「固定化」が起こっており、これを解消するために、当事者の俳優を公募したのです。
「僕はこの作品制作を通して人間の魅力というのは属性もポリティカルコレクトネスも超えて輝くものだということをイシヅカユウさんから教えられました。どうか「トランスジェンダー当事者が演じるトランスジェンダー」というフィルターを超えて届く光を見届けてほしいです」と東海林さんは語ります。

 主演も監督もクィア(性的マイノリティ)であるという意義もさることながら、今回発表された特報を観ると、イシヅカユウさんの魅力が光る、カッコよくもあり、とても素敵な映画になっていると期待できます。公開が楽しみですね!



<あらすじ>
トランスジェンダー女性の新谷ひかりは、ときに周囲の人々との間に言いようのない壁を感じながらも、友人で同じくトランス女性の千秋をはじめ、上司である中山や同僚の辻などの理解者に恵まれ、会社員として働きながら東京で一人暮らしをしている。ある日、出張で故郷の街へ出向くことが決まる。ふとよぎる過去の記憶。ひかりは、高校時代に同級生だった久田敬に、いまの自分の姿を見てほしいと考え、勇気をふりしぼって連絡をするのだが――


片袖の魚
2021年/日本/34分/監督:東海林毅/出演:イシヅカユウ、広畑りか、猪狩ともか、黒住尚生、原日出子ほか
新宿K's cinemaにて7月10日から公開。以降、順次全国公開予定

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。