g-lad xx

NEWS

LGBT法案をめぐる自民部会が保守派の猛反対で紛糾、今国会での成立は難しいとの見方も出ています

 自民党は24日、党本部で内閣第1部会などの合同会議を開き、LGBT理解増進法案の審査を行ないましたが、LGBT議連で与野党合意をみた(基本理念に「差別は許されない」と盛り込む)修正案に保守派議員が「差別は許されないと明記すれば、社会に混乱が生じる」などと猛反対し、会合は紛糾、怒号が飛び交う約3時間半の議論の末、会合で出された懸念などについて国会での議論を促すことを条件に党内手続きを進めることになりました。今後の党内手続きでさらにもめる可能性もあり、今国会での成立は難しいとの見方もあります。

 
 超党派議連で交渉役を担った稲田朋美元政調会長は、この日の会議の冒頭で、野党側と合意した修正案について「修正案の言葉は野党から言われて入れた言葉はない。1ミリも譲歩は法的にしていない」と語り、理解を求めました。前回同様、「差別は許されないと明記すれば、行き過ぎた運動や訴訟につながり、社会に混乱が生じるのではないか」といった反発の声が上がりましたが(西田昌司議員は「政治運動としてあるのも事実。議論なしで通ると法律の運用上も様々な問題点残す」「マイノリティの方を保護することも大事だけれども、サイレントマジョリティの方々が息苦しいというのも逆に出てくることもあったりする。だから、そういうことにならないように」と語っています)、「多様性を認める社会をつくるためには法律が必要だ」という意見も出ました。前回の会合は保守派の意見が優勢だったのに対し、「今回は向かい風に直面した」といいます。山谷議員のトランスジェンダー差別発言、簗議員の「生物学上、種の保存に背く」発言などが問題視されたためです。党関係者は、発言が党内外から集中砲火を浴びた影響を「小さくなかった」と語っています。党幹部は「自民党議員全体が差別的だと勘違いされる」と危機感を募らせます。「非常識。今の時代をわかっていない」と顔をしかめるベテラン議員もいました。
 「差別」の範囲が定かではないことなどを理由に原案通りの国会提出を主張する議員もいたそうですが、稲田氏は最後まで修正要求に応じることなく、「理解増進という自民党らしい法案だ。寛容な保守として、傷ついている人たちが希望を見いだせるよう決断をお願いしたい」と懇願するなどして、「国会で十分に審議する」という条件付きで反対派を押し切り、かろうじて「了承」を得ました。これに対し、保守系議員らは猛反発しているそうで、25日以降、政調審議会、総務会と審査を経なければなりませんが、全会一致が原則の総務会で紛糾する可能性もあると見られています。時事通信は「自民党内が意見集約できておらず、同法案の行方は依然として不透明だ」としています。
 国会では全会派が賛成する議員立法の場合、委員会審査を省略する慣例がありますが、保守派は国会で自分たちの意見表明ができるよう党国会対策委員会に申し入れることを条件に、党内手続きを進めることを了解しました。しかし、国会の会期末まで1か月を切っていることや、政府提出の重要法案の審議が続いていることなどから、党国会対策委員会幹部はLGBT法案の国会質疑に難色を示したそうで、今の国会での法案の成立は難しいという見方も出ています。


 なお、「news zero」では、ニュージーランド議会での同性婚賛成スピーチを紹介し、有働キャスターが「まさに、この言葉に尽きるんじゃないかなと思います」とコメントし、小野解説委員は「そもそも『性的指向で差別してはならない』と定めている国が多くあります。認定NPО法人虹色ダイバーシティによると、50ヵ国以上に上ります。ほんの一例ですが、カナダは1996年、イギリスは2010年、オーストラリアは2013年と、もう何年も前に法律で『差別は禁止』とはっきり記し、職場などでの権利を守っています。今、自民党の会合で話し合っているのは、海外のような『差別禁止』よりももっと手前の、『理解を促進しましょう』という法案についてです。それですら揉めてきました」と、そして最後に有働きゃスターが「この段階の議論で揉めている日本で、あと2ヵ月あまりで“多様性”を掲げたオリンピック・パラリンピックが開催されます」と締めていました(「有働さん素敵です!」との声が上がっています)
(ちなみに「news zero」は今年1月、ネット生番組『Update the world』の配信を始めましたが、その第1回のテーマにLGBTQを選んでいます。その際、プロデューサーの白川大介さんがゲイであることをカミングアウトして出演し、反響を呼びました)
 
 海外でも、the Guardian「Japan’s ruling party accused of violating Olympic charter over LGBT rights」(日本の政権与党が、LGBTの権利をめぐる発言で五輪認可を脅かしていると責められている)、Newsweek「Japanese Lawmaker Says LGBT Rights Go Against Preservation of Species Amid Record-Low Birth Rates」(日本の国会議員が、少子化のなかLGBTの権利を認めることは種の保存に反すると発言した)などと報じられるはじめています。組織委の森元会長が辞任せざるをえなくなった時のように、国際社会でも今後、さらに厳しく追及されるのではないでしょうか。
 
 
 
参考記事:
自民 LGBTへの理解促進法案 党内手続き進めることに(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210524/k10013049461000.html
LGBT理解増進の法案 自民党内2時間超も議論(TBS)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4275807.html
LGBT法案 自民党内で了承…反対意見噴出で条件付き(テレ朝)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000217088.html
自民、LGBT法案を了承 少数者への理解増進図る(共同通信)
https://this.kiji.is/769545276817522688?c=39546741839462401
LGBT法案、会議打ち切り 推進派「了解得た」、保守派反発 自民(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021052400759
自民、LGBT法案を了承 保守系議員は「認めてない」(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASP5S7FN0P5SUTFK00S.html
LGBT法案 自民部会紛糾、3時間半 条文修正、保守派が猛反対(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20210525/ddm/005/010/098000c
自民、LGBT法案「国会で十分審議」条件付き了承(産経新聞)
https://www.sankei.com/politics/news/210525/plt2105250001-n1.html
自民、LGBT法案を了承 保守派から異論相次ぎ紛糾(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/106330

自民 怒号飛び交う議論 LGBT法案“条件付き”了承(テレ朝)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000217102.html
LGBT理解増進法案 自民党が3時間半の激論 条件付き了承(TBS)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4276158.html
自民 LGBT法案を了承 保守派が反発 条件付きで(FNN)
https://www.fnn.jp/articles/-/186918
“LGBT”50か国以上「差別禁止」も......「理解促進」で揺れる日本 自民が法案“条件付き”了解(日テレNEWS24)
https://www.news24.jp/nnn/news91nrmikwsfwjirj4d5.html

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。