g-lad xx

NEWS

ドラマ『glee/グリー』のリバイバル版が制作されるかもしれません

 LGBTQの高校生が大活躍するミュージカル・ドラマの金字塔『glee/グリー』が、今後リバイバル版でカムバックする可能性があるかもしれないと報じられました。
 

 FOX制作のドラマ『glee/グリー』は、2009年から2015年にかけてシーズン6まで放送され、世界中の若者たちを熱狂させ、ドラマを飛び出してワールドツアーまで実現させた青春ミュージカル・ドラマの金字塔です。ゲイであることにプライドを持っているカート、そんなカートが憎くていじめてしまうが本当は自分もゲイであることが明らかになるカロフスキー、カートの恋人になるブレイン、ゲイカップルに育てられているレイチェル、サンタナとブリタニーのレズビアン・カップル、トランスジェンダーのユニークといったLGBTQのキャラクターのほか、人種的マイノリティや車いすの男の子や、ダウン症の女の子も活躍し、かつてないほど多様性に富んだ画期的なドラマでした。「はみ出し者」と言われる合唱部のメンバーが様々な壁を乗り越えていく姿を、圧倒的な歌とダンスのパフォーマンスを交えながら描き、世界を魅了しました。 
 そんな『glee/グリー』のリバイバル版が制作される可能性が浮上しました。
 FOXエンターテイメントのマイケル・ソーン社長が『Deadline』のインタビューでFOXの過去のヒット作ドラマをいくつか復活させる案について語り、その中で『glee/グリー』のさらなるエピソードを制作することに意欲的で、「もっとやりたいですね」とコメントしたのです。
「私たちはいつも象徴的なドラマを祝福し、おどろくべき形、新しいアプローチでそうしたドラマを復活させることを歓迎しています。特にこのひしめき合っている市場では、お気に入りのパートナーたちと一緒に最高の作品を再開発することに常にオープンです」 
 実は現在、人気ドラマ『24』を復活させる話があるとも明かしてくれたソーン氏は、『glee/グリー』や『プリズン・ブレイク』のリバイバル版に意欲的で、「すでにいくつか創造的な話し合いが起きている」とも語りましたが、まだこの2作が確実に制作されるかどうかはわからないそうです。
 HBO Maxでは『ゴシップガール』のリブート版が配信中で、現在撮影中の『セックス・アンド・ザ・シティ』のリブート版も話題を呼んでいます(ただし、サマンサ役のキム・キャトラルが出演しないので、ゲイ的には以前のような熱狂は感じられないかも…)。今ストリーミング界は空前のリバイバル版ブームが起きていて、FOXもこの波に乗ろうとしているようです。
 
 米国のゲイカルチャーのオーソリティとも言うべき『OUT』誌は、「正直、Gleeがもっとテレビで観られるのなら、ハッピーなんてもんじゃない。ぜひやってほしい!」とコメントしています。

 ライアン・マーフィが初めてネットワーク局で手がけたTVシリーズが『glee/グリー』で、その大ヒットを受けて、FOXで『9-1-1』など3つのシリーズを手がけ、FXやNetflixでも『POSE』『アメリカン・ホラー・ストーリー』『ハリウッド』などたくさんの名作を次々に発表してきました。今やTV業界のスーパースターとなったライアン・マーフィがもう一度、新たなキャストで『glee/グリー』のリバイバルを手がけたら、いったいどんな作品になるでしょうか? オリジナルのニュー・ディレクションズを超えてくるでしょうか? 期待に胸がふくらみます。続報を楽しみに待ちましょう。



参考記事:
人気海外ドラマ「glee/グリー」、リバイバル版で復活の可能性!? FOX社長の“ある発言”にファンたちが期待(TVGroove)
https://www.tvgroove.com/?p=77133
Is a Glee Revival a Possibility in the Near Future?(OUT)
https://www.out.com/television/2021/9/10/glee-revival-possibility-near-future


INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。