g-lad xx

NEWS

スイスで国民投票が実施された結果、同性婚が正式に承認されることになりました

 9月26日、スイスで同性婚の合法化の是非を問う国民投票が実施され、賛成が6割を超え、承認される見通しとなりました。スイスがついに、結婚の平等を承認し、世界で29ヵ国目の同性婚承認国になったのです。

 
 昨年12月、約7年にわたる同性婚法制化の議論ののち、スイスの国会で「Marriage for All」法案が採択されました。しかし、キリスト教系保守のスイス連邦民主同盟が(いやがらせのように)法律が成立する前に国民投票にかけることを要求し、同性カップルが結婚できるようになる日は先延ばしされることになりました(直接民主制が発達しているスイスでは、一定数の署名が集まれば国民投票を実施することが可能です)。LGBTQ団体「レインボー・ファミリー」は、国民投票の「準備はできている」と語りました。スイスではすでに同性婚が広く支持されているからです。LGBTQ団体「ピンク十字」が昨年11月に発表した調査結果によると、82%もの国民が同性婚を支持していました。
 
 そしてこの9月26日、スイスの有権者による国民投票が実施され、午後2時現在、同性婚合法化案は賛成60.5%で可決されることが確定したと報じられました。
 これにより、いよいよ、正式に、同性カップルが結婚できるようになります。スイスでは2007年からシビルユニオン(同性パートナー法)が認められており、毎年約700組の同性カップルが登録してきたといいます。シビルユニオンに登録したカップルは多くの点で異性婚と同じ権利が与えられます。2018年からはパートナーの子を養子縁組できるようになりました。
 結婚が正式に認められたことにより、さらに、パートナーの1人が外国人である場合も帰化手続きにかかる手間や時間・費用が少なくなる、同性カップルは共同で子どもを養子縁組できる、結婚した女性カップルがスイスで精子提供を受けられるようになる(男性カップルが代理母を使って子を持つことは許されないそうです)といった権利が認められることになります。

 同性婚(結婚の平等)承認のニュースは昨年5月のコスタリカ以来で、2021年は初です。
 スイスは世界で29ヵ国目の同性婚承認国となりました※。30ヵ国目は…日本になるといいですね。
 
※メキシコでは、メキシコシティ、キンタナ・ロー州など多くの州・地域ですでに同性婚が認められており、そうした州で同性婚したカップルは、国内どこでも同性婚として認められるため、ILGA(国際LGBTI協会)はメキシコを事実上の同性婚承認国として扱っています。しかし、EMA日本をはじめ日本国内の多くの団体は正式な同性婚承認国にカウントしていないため、g-lad xxもそれに倣います。
 
 

参考記事:
スイスで同性婚合法化の見通し 国民投票で「賛成」が6割超す(毎日新聞/共同通信)
https://mainichi.jp/articles/20210926/k00/00m/030/206000c

同性婚合法化を可決 スイス国民投票(swissinfo)
https://www.swissinfo.ch/jpn/2021%E5%B9%B49%E6%9C%88-%E5%9B%BD%E6%B0%91%E6%8A%95%E7%A5%A8-%E5%90%8C%E6%80%A7%E5%A9%9A-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%AA%B2%E7%A8%8E/46976300

INDEX

SCHEDULE