g-lad xx

NEWS

史上初! ゲイ男性が『プレイボーイ』誌の表紙を飾りました

 フィリピン系アメリカ人でゲイのインフルエンサー(ユーチューバーやインスタグラマー)として活躍するブレットマン・ロック(23歳)が、デジタル版『プレイボーイ』誌の表紙を飾りました。ストレート男性向けにセクシーコンテンツを提供する『プレイボーイ』の表紙をゲイが飾るのは史上初の快挙です。


  フィリピン出身、ハワイ在住のブレットマン・ロックはInstagramでディーヴァ風メイクやドラァグクイーン風メイクを披露して人気を博し(フォロワー数は、なんと1783万人!)、弱冠20歳にしてコスメのプロデュースも手がけ、今年2月には、自身のリアリティ番組『MTV Following: Bretman Rock』が放送され、5月に行われた第1回「2021 MTV Movie & TV Awards: UNSCRIPTED」ではブレイクスルー・ソーシャル・スター賞を受賞するという、スゴい人です。
 
 そんなブレットマン・ロックが、黒いボディスーツを着て、ウサギの耳のヘアバンドと蝶ネクタイをつけたアイコニックな姿でポーズを決め、『プレイボーイ』誌の表紙を飾りました。『プレイボーイ』誌によると、男性が同誌の表紙を飾ったことはあるものの(創刊者のヒュー・ヘフナーなど)、セクシュアルマイノリティ(クィア)男性としてはブレットマンが初めてだそう。バニーのフルスーツを着た男性の撮影も史上初だそうです。
 ブレットマンは、「『プレイボーイ』誌の表紙に男性が登場することは、LGBTQコミュニティにとっても、褐色人種のコミュニティにとっても、非常に大きな意味があります。『本当にこんなことが現実で起きているの!?』っていう感じでね」と語りました。
 ブレットマンは同誌の表紙を飾ることを目標にしていたものの、実現できるかどうか自信がなかったとも語ります。
「マネージャーに 『何がしたい?』と聞かれたとき、実現できるとは思わなかったけど、冗談で『プレイボーイ』と答えたことがあります。これで、自分がやろうと思えば何でもできると証明できたんです。そして、『プレイボーイ』誌が私を信じてくれたのは、とても素晴らしいこと。それは、私にとってかけがえのないものでした」
 
 ちなみに、ブレットマンと『プレイボーイ』がタッグを組むのは今回が初めてではなく、今年6月にプライド月間に合わせて限定Tシャツを販売しているそうです。


参考記事: 
史上初!ゲイを公表する男性が『プレイボーイ』誌の表紙に(コスモポリタン)
https://www.cosmopolitan.com/jp/entertainment/celebrity/a37860489/bretman-rock-makes-history-as-first-gay-male-to-cover-playboy-its-a-huge-deal/
ブレットマン・ロック、同性愛者の男性として初めてプレイボーイ誌の表紙を飾る(フロントロウ)
https://front-row.jp/_ct/17486057

INDEX

SCHEDULE