g-lad xx

NEWS

九州レインボープライド、奈良レインボーフェスタが開催されました

 11月6日(土)・7日(日)、九州レインボープライド(QRP)がオンライン開催され、7日(日)には奈良レインボーフェスタがリアル開催されました。


 昨年に続き、オンライン開催となった九州レインボープライド。公式サイトのメインステージでYouTubeライブの配信が行なわれ、下のほうに企業や団体のブースが並び、さらに下のほうにレインボーマッピング(住んでる地域とコメントを登録することで、世界地図の上に参加者の声が表示されるシステム)や「魔王のぶゑと六人の妖精」という謎解きスランプラリー、ヒューマンライブラリー、キッズブースなどが設けられ、子どもも大人も楽しく参加できるようになっていました。
 
 1日目、6日(土)は、QRPののぶゑさんとフリーアナウンサーの磯田久美子さんがMCをつとめ、「楽しく生きる」をテーマに配信がスタート。サイトの紹介、行政・大使館からのメッセージ、ヒューマンライブラリー(当事者の方のお話)のほか、「結婚の自由をすべての人に」訴訟原告のまさひろさん・こうすけさんカップルをはじめいろんな方たちがお話していました。そして福岡が誇る響子さん、フェアリーさん、最後に天道清貴さんがライブを披露してくださいました。

 2日目、7日(日)の配信では、サイトの紹介、行政・大使館からのメッセージ、城東高校ダンス部のパフォーマンス動画、博多マルイの提供による、OMURA美容ファッション専門学校のジェンダー表現の自由をテーマとしたファッションショー動画、テーマソング「Song for you」で一緒に踊ろうコーナー、パレード(各地からzoomで参加)、九州・山口支援団体の方々のお話、下地正晃さんのライブ(かつきさんの『沖縄カミングアウト物語』の主題歌を含む「LGBT三部作」を披露。感涙モノのライブでした)、「いろいろな家族のかたち」をテーマとしたトーク、そして最後にThe Soulのライブ(「Song for you」でみんなでダンス)、スタッフ紹介という内容でした。

 QRPらしい、カラッと明るい、子どもたちも大人も楽しく参加できるようなプライドイベントであったと同時に、レインボーマッピングや謎解きスランプラリーのような新しいオンライン企画も見られ、たいへん充実したオンラインイベントでもありました。
 みなさんおっしゃってましたが、来年こそはリアル開催され、みんなで福岡に集まれるといいですね。


 
 7日(日)には、「一人ひとりが自分色の種をまいて、奈良で笑顔の花を咲かせよう!」をテーマに、奈良県の馬見丘陵公園という公園で、奈良レインボーフェスタがリアル開催されました。奈良県や、奈良市をはじめ県内の13の市町から後援を得ていましたし、チェリオなど10を超える企業からの協賛もありました。
 開放的な公園の中にブースが並び、ステージではトランスジェンダーの魔梨威さんがライブを披露したり、ダンス、歌、トーク、講演なども行なわれ、晴天の下、家族連れも含めいろんな方たちがフェスを楽しみました。最後にはみんなで一斉にバルーンリリースを行ない、感動的なフィナーレとなりました。
 残念ながらオンライン配信は現在、観ることができないのですが、公式Twitter上に、たくさんの方のコメントが連なっています。コロナ禍でずっと人と会うことができなかった方が、奈良レインボーフェスタでひさしぶりにたくさんの友人に会えてうれしかった、夢のようだった、と語っていたり、LGBTQイベントに参加するのは初めてという方もいたり、自分らしい服装で出かけて褒めてもらえたりなど、喜びの声が多数。リアル開催されて本当によかったなぁと思います。

INDEX

SCHEDULE