g-lad xx

NEWS

EY Japanの貴田守亮さんが英INvolveの「100 LGBT+ エグゼクティブ」第1位に選出されました

 EY Japanチェアパーソン兼CEOの貴田守亮(きだもりあき)さんが、英INvolve社が毎年公開している「OUTstanding LGBT+Role Model Lists」2021年版の「100 LGBT+ エグゼクティブ」第1位に選出されました(おめでとうございます!)


 「OUTstanding LGBT+ Role Model Lists」は、職場におけるLGBTQ+のインクルージョンを通じて、ビジネスの多様性と変革を推進しているリーダーとアライを紹介する取組みです。

「100 LGBT+ エグゼクティブ」の第1位に選出された貴田さんは、EYのLGBTQ+とアライのためのグローバルなネットワークである「Unity」のエグゼクティブ・スポンサーとして積極的に活動し、LGBTQ+が働きやすい職場づくりのための活動を牽引しています。また、「Marriage For All Japan」主催の院内集会での提言やLGBTQ+フレンドリーな社会構築を目指すさまざまなNPOの支援、国内外の企業と大学でのD&Iに関する講演など、幅広い活動が認められました。今回は4度目のランクインで、昨年は第2位、そして今年は見事、第1位に選出されました。

 受賞について貴田さんは、次のように述べています。
「多様な分野でご活躍されているリーダーの皆さまの中で100 LGBT+ エグゼクティブ第1位に選出されたことをとても名誉に思います。しかし、本賞は長年日本や世界でLGBT+の方々のために献身的に活動されてきた皆さまが、より相応しいと考えております。また私が上記の活動に取り組めたのは、EYメンバーおよび数々のNPO法人のご支援があってのことです。皆さまに感謝の意を表したいと思います。
 EYのパーパス(存在意義)は、Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)です。より良い社会とは、インクルーシブ(包摂的)で持続可能な経済成長が実現される社会だと思います。誰一人として取り残されることのない成長のために、採用、育成、評価、登用などのあらゆる機会やプロセスが、多様な人材に公正(equitable)に与えられるように見直していきます。例えば、日本では先進国のなかで唯一、LGBT+の人権を守る法律や同性婚がありません。そのため、有望な若いLGBT+人材が海外に活躍の場を移すなど、人材の流出につながっています。また、海外の優秀なLGBT+人材を招聘することを難しくしています。これは企業のグローバルな競争力を阻害するだけではなく、日本の成長力にも影響が及びます。日本におけるLGBT+に関する法律の実現に向けて企業として、個人としても積極的に支援していきたいと考えています。こうした公正を担保していく取り組みは、EYが掲げる『LTV(Long-term Value、長期的価値)ビジョン』を実現し、あらゆるステークホルダーに長期的価値をもたらすものと確信しています。また何よりも次世代がありのままに、のびのびと活躍しながら暮らせると思えるWell-being(ウェルビーイング)な社会の構築を目指してまいります」

 日本でも数多くのLGBTQの方たちが様々な分野で活動・活躍してきましたが、このように世界の舞台で表彰されるということは極めてまれで、(少なくともビジネス分野では)このように世界1位の栄誉に輝くというのは貴田さんが初めてではないでしょうか。本当に素晴らしいことです。おめでとうございます。
 
 

参考記事:
EY Japan 貴田守亮 チェアパーソン兼CEOが「100 LGBT+ エグゼクティブ」第1位に選出(PR Wire)
https://kyodonewsprwire.jp/release/202111103174

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。