g-lad xx

NEWS

プライド月間を祝ってレインボークッキーを焼いたテキサス州のベーカリーがアンチ客の離反で苦境に…しかし、それを上回る支援が!

 米テキサス州のラフキンという、「同性愛は罪」だとする宗教保守派が多い「バイブルベルト」の中にある町で起こった出来事です。
 プライド月間が始まった6月初め、「コンフェクションズ」というベーカリー店が、「友人であるLGBTQのみなさん、Happy Pride! クッキーと幸せを愛するすべての人を、私たちは歓迎します」というメッセージをFacebookに投稿し、レインボーカラーのコーティングをしたハート形のクッキーを売ることを伝えました。
 ところが、この投稿に対して、アンチLGBTQの顧客が一斉に離れていくはめに…。
「今日はとてもつらい1日でした。レインボーのハート型クッキーの写真を投稿した後、私たちは多くのフォロワーを失いました。批判的なメッセージが送られてきて、明日の朝予約が入っていた夏用のクッキーが大量にキャンセルされました」
「自分たちのような経営をやりくりしている小さなお店が、焼き菓子でちょっとした応援で愛を伝えようとしたのに、それに対してこんなバックラッシュが起きるとは思っていませんでした。悲しみに沈んでいます」 
「キャンセルされたクッキーが大量に余っているので、よかったらクッキーが好きな人は買いに来てください、明日が今日より良い1日になりますように」 
 
 この投稿が口コミで広まったのか、「コンフェクションズ」は予期せぬ支援を受けることになりました。
「投稿やメールで寄せていただいた優しい言葉やサポートに、言葉を失っています。あまりにたくさんなので、全てを読むのにしばらく時間がかかりそうです。読みながら嬉し涙が頬をつたっています。新しくフォロワーになって下さった2500人のみなさん、ありがとうございます!」
 さらに、開店すると、お店の周りにクッキーを買い求めるために並ぶ人たちの長蛇の列ができていました。
「とても驚いています。これは正午ごろに撮影された写真です。親切なお客さんの一人が送ってくれました。ありがとうございます」
 クッキーは閉店前に売り切れ、「コンフェクションズ」は予定より早くお店を閉めて、翌日に販売するためのクッキーを焼くと伝えました。
「素晴らしいお客の皆さんのおかげで、売り切れました!!!!」

 クッキーを買い求めようとした人たちの中には、NBA「ダラス・マーベリックス」のオーナー、マーク・キューバン氏のきょうだいで弁護士のブライアン・キューバン氏もいたそうです。
 彼は「落ち着いたら、郵送注文が可能かどうか教えてください」「郵送注文できなければ、電話かメールで購入するので、クッキーを地元のLGBTQ団体もしくは子どものチャリティ団体に寄付してほしい」とコメントしました。

 「コンフェクションズ」が準備したクッキーは翌日も完売しました。
 お店の共同経営者のドーンさんは「私たちの小さなお店を支援していただき、本当に身に余る思いです。私を知っている人は、私がとてもシャイな人間だとご存じだと思います。お店を始めて11年、こんなことは初めてです」と感謝しました。
 クッキーを買えなかったお客さんの中には、買うものがなかったため「お店に寄付をしたい」と申し出た人たちもいたそうです。
 「コンフェクションズ」の方たちは、クッキーだけでなく、レインボーカラーの蝶ネクタイも作りはじめたそうです。


 いい話ですね〜。
 アンチの人たちもいるけど、それを上回るような大きな支援が寄せられ(アメリカはそういうところが素敵ですよね。『ザ・プロム』の元になった実話もそうでした)、「コンフェクションズ」の方たちもLGBTQ支援を表明してよかったと思えたはず。
 世の中捨てたもんじゃないと思えます。
 
 
参考記事:
LGBTQを祝福するレインボークッキーを売ったら大量キャンセル→予想外の展開に(ハフポスト日本版)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/rainbow-cookies_jp_60bec534e4b028b8ad4b5659

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。