g-lad xx

NEWS

元なでしこジャパンの横山久美選手がトランス男性であることをカミングアウト

 元なでしこジャパンで(2019年女子W杯にも出場)、現在は米女子プロサッカーのワシントン・スピリットに所属している横山久美さんが6月19日、YouTube動画で「将来、サッカーを辞めて男になって生きていきたい」と語り、トランス男性であることをカムアウトしました。

 
 横山さんは東京都多摩市出身のサッカー選手で、AC長野パルセイロ・レディースでプレーし、2015年になでしこジャパンに初招集されました。2018年のAFC女子アジアカップでは決勝ゴールを決め、なでしこジャパンの優勝に貢献し、2019年のFIFA女子ワールドカップのメンバーにも選出されました。なでしこジャパンでは切れ味鋭いドリブルを持ち味に、代表戦通算43試合で17得点を挙げる活躍を見せました。現在は米国の女子プロサッカーチームのワシントン・スピリットに所属し、プレーしています。
 横山さんは19日、同じく日本代表選手として活躍した永里優季さんのYouTubeチャンネルに出演、「横山、カミングアウトします」と題した動画で、永里さんからインタビューを受けるかたちで、自身がトランスジェンダー男性であることをカムアウトしました。

 横山さんは、持ち前の明るいキャラクターで、自身のジェンダーアイデンティティに気づいた経緯や、トランス男性としてサッカーチームでプレーすること、パートナーへの思いなどについて、率直に語りました。日本でのLGBTQの置かれた状況が少しでも好転するようにという気持ちで、カミングアウトを決めたそうです。
「日本にいた時はすごい隠していたんですよね。世間の目っていうのもあるし、一応立場上というのもありましたし。
 でも、アメリカとドイツに行った時に、恋愛系の話になった時に、聞かれるのは日本だったら絶対に『彼氏いるの?』みたいな感じで聞かれるじゃないですか。でもそうじゃなくて、こっちだと『彼氏、彼女どっちいるの?』みたいな感じで聞かれる。それが普通っていうか。
 すごいこっちの人たちって…心が広いっていうか。『自分は違うけど、あなたはどっち?』みたいな感じとか。
 最近は日本でもLGBTQっていう言葉が普及してきていろいろ取り上げられていますけど、自分みたいな立場の人たちが声を大にして言わないと、まだまだ発展していかないかなと思って」
「いろいろな意見はマジあると思うし、アンチっていうか悪口、批判する人もいると思う。それを受け入れていかないと自分も強くなれない」
「すべてを理解するのは絶対無理だと思うんですよね。自分だけじゃなくて、いま結構、声を大にしている人たちとかみんなで力を合わせたら、もうちょい発展していくのかなと思って。自分が立役者とか、そういう感じにならなくていいんです。どっちかって言うと、そういう人たちも受け入れられる。そういう風になったらいいなって」
「――(永里さん)こうやってオープンにすることによって、自分自身へのチャレンジでもあり、まわりの人に影響を与えていきたいっていう思いもある?
 ありますね。与えられる存在かどうかはわからないですけど、そういう存在になれたらいいなと思う。
 今後、自分みたいな人が出てきた時に…サッカー界でもいろんなスポーツ界でも。この人が言ってるから大丈夫なんだ、言えるんだってなったらいいなとは思っています」

 YouTubeのコメント欄には、横山さんの勇気あるカミングアウトに対して、「あなたたちのおかげで、下の世代がもっと生きやすくなります」「勇気づけられた」といった書き込みや、「自分らしく貫いてください」など、サポーティブなメッセージが寄せられています。

 続々とカミングアウトが相次ぐアスリート界。五輪を前に、LGBTQ差別を禁止する法律が作れなかった日本で、少しでも状況を良くしようとの気持ちも込められていることでしょう。その思いと勇気の尊さに、心から敬意を表します。




参考記事:
元なでしこジャパンの横山久美選手、トランスジェンダーを公表。 「日本にいた時は隠していた」思いを語る(ハフィントンポスト)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_60ce8c1de4b02e04e28d3b0f
元なでしこジャパン横山久美がトランスジェンダーを告白「みんなで力を合わせたら、もう少し発展していく」(ゲキサカ)
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?334674-334674-fl
元なでしこ横山久美「将来は男になって生きる」トランスジェンダーを公表(日刊スポーツ)
https://www.nikkansports.com/soccer/news/202106200000438.html

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。