EXTRA

ゲイ用語の基礎知識

ゲイ雑誌

 男性のヌードグラビアや通信欄、ゲイに関する情報、ゲイ小説、ゲイ漫画などを掲載したゲイのための雑誌。

 日本のゲイの歴史は、ゲイ雑誌によって大きく前進してきました。
 1971年、『薔薇族』(第二書房)が創刊され、全国のゲイが通信欄を使って出会えるようになり、ゲイバーやハッテン場、売り専などの情報が浸透するようになり、ゲイ産業の発展を支えました(そもそもは1960年代に『風俗奇譚』という同人誌があり、すでに同性愛者のための通信欄やハッテン場の広告などが掲載されていました。その仕組みを、一般流通にのる『薔薇族』が大々的に展開したのです)。続いて1972年には野郎系モデルやSM・露出などを前面に打ち出した『さぶ』(サン出版)が、1974年には低価格で学生を中心に支持された『アドン』(砦書房)が、1977年にはゲイの「上半身」を追求したファッショナブルな『MLMW(ムルム)』(砦書房)(~1980)が、1982年には太めや中年・熟年にターゲットを絞った『サムソン』(海鳴館)が相次いで創刊されました。
 『薔薇族』や『さぶ』は、ほとんど下半身のつながりしかないクローゼットな既婚の同性愛者のライフスタイルを変えるものではありませんでした(この2誌の出版元はゲイ企業ではありませんでした)。時代に合わなくなった『薔薇族』『さぶ』は、2001~2002年に相次いで休刊することとなりました。
 一方、コミュニティ志向だった『アドン』は、積極的にゲイ団体の活動やHIV予防啓発についての情報を発信していました。そんな中、1994年に『バディ』(テラ出版)が、1995年に『G-men』(G-project)が相次いで創刊され、ゲイであることをを肯定し(プライドを持ち)、オープンで前向きなゲイライフを提案し、シーンを盛り上げようとするスタンスを打ち出しました。1990年代から2000年代にかけて、日本のゲイの意識や生き方が大きく変わったのは、この2誌の影響によるところが大きいと言われています(特に『バディ』の功績は計り知れません)
 その後、1999年にハイファッションなライフスタイル提案型雑誌『ファビュラス』(テラ出版)、老後やパートナーシップといったゲイライフの主要なテーマをアカデミックに掘り下げた『Queer Japan』(勁草書房)という画期的なゲイ雑誌が創刊されました。『ファビュラス』は4号で休刊となりましたが、『Queer Japan』は2005年、ポット出版から装いも新たに新創刊されました。また、2002年にはゲイライフをまじめに取り上げたコミュニティ誌『にじ』(にじ書房)が創刊されました(~2004年)。2006年、タワーレコードがLGBT情報誌として『yes』を創刊し、ゲイマーケット的なエポックを画しました(~2007年)
 2016年、『G-men』(古川書房)が休刊するというニュースは、コミュニティに驚きを与えました。ひとつの時代が終わった…そんな感慨を抱かせました。

 インターネットの普及とともに、かつて出会いの主要な手段であったゲイ雑誌の通信欄がその役目を終え、情報提供もオンラインへと移行しつつあり、ゲイ雑誌はもはやゲイメディアの中心とは言えなくなっているのが実情といえます。