g-lad xx

NEWS

「It Gets Better」を日本語訳するプロジェクトが始まりました

 昨年10月、10代のゲイの自殺が相次いだことが社会問題となったことを受け、ゲイ(をはじめとするセクシュアルマイノリティ)の子どもたちに向けて「状況は少しずつよくなっている。未来を信じて」とメッセージする動画をYoutubeに投稿する「It Gets Better」というプロジェクトが立ち上がり、オバマ大統領をはじめ、多くの著名人や一般の方たちがこれに参加してきました。(ジェイミー・ロードマイヤーくんも参加していました)
 Youtube上には「It Gets Better」と語る動画が本当にたくさん上がっているのですが、残念ながら、日本の子どもたちには、そのメッセージが十分に届いていないと思われます。言葉の壁があるからです。

 そこで、もっとたくさんの日本のセクシュアルマイノリティの人たちに見てもらおうという考えから、このたび、この「It Gets Better」の動画に日本語字幕をつけて再度アップするというプロジェクト「It Gets Better Japan」を、横浜在住のゲイの方がスタートさせました。

 彼のおかげで、オバマ大統領が「It Gets Better」でどんなことを言っていたのかがよくわかるようになりました。
「ゲイだという理由でいじめられていた若い人たちが自殺したニュースに私も胸を痛めています。私も二人の娘を持つ親として、ショックを受けています。このようなことはこの国で起こってはいけないことです」
「いじめられている時には、自分が他の人と違うからいけないのだなどと思ってしまいがちです。でもそうではありません。この世界には、ありのままのあなた自身を愛し、大切に思ってくれる人たちがいるのです」
「もし自分がダメだと思ってるなら、信頼できる大人に助けを求めてください。誰もわかってくれないなんて思わないでください」
「今のあなたの苦しみを、あなたが将来、同情の心と知恵をもって振り返る時がくるでしょう。それはあなたのためになるだけでなく、この国を良いものにしていく助けになります。あなたは差別に対抗していくことができる人になるでしょう。LGBTへの差別だけでなく、すべての差別に対してです」
「他の人の視点からも世界を見られること、他の人の立場を想像できること、人々をひとつにするものを見失わないでいられることの重要性を、あなたは自分の経験によって、より深く理解できるでしょう」(メッセージの一部を抜粋して紹介)
 素晴らしいメッセージですよね。アメリカ合衆国の大統領がゲイのためにこんなことを語ってくれるなんて…感動です。

 Youtubeの「ItGetsBetterJapan」というアカウントに、こうした字幕付きのメッセージ動画が掲載されていくそうです。また、このアカウントには、アメリカのゲイの人たちが自身のカミングアウトについて語った「Coming Out Story」というメッセージ動画も字幕付きでアップされています。このシリーズもまた、思春期のゲイたちの支えや励ましになるはずです。

 「It Gets Better Japan」が今後、「君のままでいい.jp」などとともに、より多くの若い人たちの心に届くことを願うものです。

INDEX

SCHEDULE