g-lad xx

NEWS

国連事務総長がソチ入りし、同性愛者差別に抗議

 冬季五輪開幕を翌日に控えた2月6日、国連の潘基文(パンギムン)事務総長は、ロシアのソチで行われたIOC(国際オリンピック委員会)の総会に参加し、LGBT(セクシュアルマイノリティ)に対する差別や攻撃を非難しました。
 国連事務総長として初めてIOC総会に参加した潘基文氏は、「選手たちは異なる国旗を掲げているが、平等、フェアプレー、相手への敬意という旗印の下に集まっている」と語り、五輪の価値を称賛。「持続可能な発展、普遍性、連帯、差別の禁止という共通の理想の実現に向けて協力したい」と呼びかけ、IOC委員の拍手を浴びました。そして、ロシアの反同性愛法に言及こそしませんでしたが、「いかなる憎しみも、21世紀に存在すべき場所はない」と述べ、LGBT(セクシュアルマイノリティ)への攻撃に対して抗議の声を上げなければならないとし、「彼らの逮捕や不当な監禁、差別的対応に反対しなければならない」と強調しました。
 
 しかし、国連事務総長のこうした主張を全く無視し、ロシア政府は同性愛者擁護の活動を弾圧しています。
 ソチ五輪開会式が行われた7日夜、ロシアの首都・モスクワ中心部にある「赤の広場」で、反同性愛法に抗議する(同性愛者の権利擁護を訴える)デモをしていた活動家10人が逮捕されました。活動家側は、3人が警官に殴打されたと述べています。レインボーフラッグを広げようとしたところ、警官に拘束されたといいます。

[+dr.title+]

 ロシアだけでなく、世界各地でロシアの同性愛者弾圧への抗議が行われています。
 All Outは、ソチ五輪開幕に合わせ、ロンドン、ニューヨーク、リオデジャネイロなど世界20都市で一斉に抗議活動を展開しました。ロンドンの首相官邸前には100人以上の人が集まり、「ロシアにゲイの権利を!みんなにゲイの権利を!」と声を上げました。コカコーラやマクドナルドなど、オリンピックのスポンサーに対しても声を上げました。「スポンサーははっきりと声を上げるべきです。21世紀の世界で同性愛者が迫害されるなんて許されません」
 集会への参加者は、アメリカン・アパレルがロシアの反同性愛法への抗議のために作ったファッションライン「Principle 6」の服を着ていたそうです。「6」の数字がプリントされたパーカーやTシャツは、「人種や性別などによる差別はオリンピック運動と相容れない」と記されたオリンピック憲章の第6の原則にちなんだものだそう(日本でもインターネット通販で買うことができます)。レズビアンであることをオープンにしている女子スノーボードのベル・ブロッコフ選手(オーストラリア)はシャツのモデルとして販売サイトに登場。同国とカナダの計3人の代表選手のほか、五輪経験を持つ世界のスポーツ選手50人以上が賛同を示しています。アメリカの通信大手、AT&Tもロシアの法律に反対する声明を発表するなど抗議活動に賛同する企業の輪が広がっています。

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナル・フランスのステファン・オベレイト事務局長は「ロシアの状況は改善しているというイメージがあるかもしれないが、実際にはそうではない。人権侵害が存在するということを人々は認識する必要がある」と語っています。
 
 日本では、国際NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の日本代表をつとめる人権弁護士・土井香苗さん(昨日の「ニュース23」に出演し、「米英仏などの首相がソチに行かないのは、国内の反対の声が大きいからなんですね。安倍首相は開会式に参加しますが、それは決してロシアの同性愛者弾圧を容認しているからではないと言うべきでしょう」と述べていたのをご覧になった方も多いかと思います)が、Yahoo!ニュースで「ソチ五輪見据えた カミングアウト LGBTに対する人権侵害を非難する画期的宣言採択の中で」という記事を書いています。
「ヒッツルスペルガー氏のカミングアウトには、ドイツのメルケル首相や英国のキャメロン首相など、複数の政府首脳から声援が送られました。残念ながら日本の政府首脳が声援を送ったという話は聞きません。安倍首相や関係閣僚も、もし日本などアジア諸国の選手がカミングアウトしたら声援を送る準備をしておいてほしいと思います」
「日本の首脳に性的指向による差別と対峙してほしいと私が期待するのには理由がないわけではありません。というのも、日本の新美国連大使は昨年9月、国連本部(ニューヨーク)で行われた閣僚級会合で、米国のケリー国務長官やオランダ・ブラジル・クロアチアの外務大臣らとともに「性的指向や性自認に基づく暴力や差別そして差別的刑罰などLGBTに対するあらゆる形態の人権侵害を撤廃すべき」とはっきり述べたからです」
「日本政府は実は、国連の『LGBTコアグループ』のメンバーで、アジアからは唯一の参加国。日本政府がコアグループに所属し声を上げた意義は大きいと思います。今後は、カミングアウトした人に対する声援を送ることも含め、世界中のLGBTが愛を貫けるよう、今回の宣言を実行に移すリーダーシップを期待したいと思います。そして2020年の東京五輪は、LGBTを含めあらゆる人にフレンドリーな、そんな大会にして、世界にリーダーシップを示してもらいたいと思います」

 

国連事務総長がソチ入り、性的少数者への差別に抗議(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/jp_olympics/idJPTYEA1506220140206

赤の広場で同性愛擁護デモ=五輪開会式中10人拘束-モスクワ(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014020800109

ソチ五輪前に世界20都市で同性愛規制のロシアに抗議(TBS)
http://news.tbs.co.jp/20140206/newseye/tbs_newseye2121030.html

 

INDEX

SCHEDULE