g-lad xx

NEWS

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』とニール・パトリック・ハリスがトニー賞を受賞 

[+dr.title+]
 現地時間6月8日、ニューヨークで第68回トニー賞授賞式が行われ、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』がミュージカル部門の最優秀リバイバル賞を、同作に主演してヘドウィグを演じたニール・パトリック・ハリスが最優秀主演男優賞に輝きました。

 演劇界の優れた作品や役者に贈られるトニー賞は、アカデミー賞(映画)、グラミー賞(音楽)と並ぶ権威ある賞。授賞式では『X-MEN』ウルヴァリン役でおなじみのヒュー・ジャックマンが司会をつとめ、各賞が発表されるほか、著名人が紹介し、ノミネート作品の出演者によるパフォーマンスが行われます。そうそうたる顔ぶれの俳優が観客を沸かせますが、今回ひときわ輝いていたのが『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』でミュージカル部門最優秀主演男優賞を受賞したニール・パトリック・ハリスでした。
 日本でもTVドラマ『天才少年ドギー・ハウザー』『ママと恋に落ちるまで』『glee/グリー』に出演してきたのをご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、ニール・パトリック・ハリスは、これまでにトニー賞の司会を4度つとめたほか、エミー賞の司会、アカデミー賞のオープニングアクトなどもつとめ、アメリカでは子役時代からたいへん人気のある俳優・パフォーマーです。2010年に双子のパパとなり(「最も素晴らしい働く有名人のパパ25人」にも選ばれています)、2011年にパートナーとの婚約を発表しました。
 ジョン・キャメロン・ミッチェル(オープンリー・ゲイの俳優・監督)が世に送り出した『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』は、映画も大ヒットを記録しましたが、もともとオフ・ブロードウェイのミュージカルで、今回は主演にニール・パトリック・ハリスを起用してのリバイバル公演となり、トニー賞受賞の栄誉に輝きました。東ドイツで性別適合手術に失敗した(1インチ残ってしまった)ヘドウィグが、渡米するも、結婚相手に捨てられ、失意の底でロックミュージシャンになる道を選ぶというストーリー。ニールは、ほとんどドラァグクイーンのようなヘドウィグを見事に演じ、ニューヨーカーの間で大きな話題を呼んだそうです。

☆トニー賞授賞式の映像はこちら

 
トニー賞で大物俳優にヤリたい放題! N・P・ハリスの魅力とは?(ザ・テレビジョン)
http://news.thetv.jp/article/47583/

INDEX

SCHEDULE