g-lad xx

NEWS

アイルランドが世界で初めて国民投票で憲法を改正して同性婚を認める国になりました

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 アイルランドで5月22日、憲法に「結婚は、法に基づき、性別との関係なく2人によって成立する」という条文を追加するかどうかを問う国民投票が行われ、開票の結果、賛成62.1%、反対37.9%で可決されました。国民投票で同性婚を認めるのも、憲法を改正して同性の結婚を認めるのも世界初です。(そして、同性婚を認める世界で20番目の国になりました)

 今回の投票では主要な政党が賛成票を投じるよう呼びかけ、若者を中心に機運が高まっていただけに、首都ダブリンにあるダブリン城では多くの支持者が集まり、レインボーフラッグを振って祝福していました。賛成に投票した男性は、「これで同性愛の人たちのパートナー間の関係性や家族の権利がついに認められた」と興奮気味に語っていました。また、ドラァグクイーンのパンティ・ブリスは「アイルランド人にとって最高の日よ!」と語りました。
 選管の発表では、ダブリン市内の選挙区では賛成が70%を超えるなど、反対を大きく上回る一方、地方では拮抗していました。若い世代の投票が増え、投票率も都心部では60%以上と、近年にない高い率となりました。
 投票の結果を受けてケニー首相は「アイルランドは国民投票で同性婚を認めた世界で初めての国となり、歴史を作った」と述べ、祝福しました。「我々は寛大で思いやり深く、大胆で明るい国民であることがわかった」 
 バートン副首相も「感動的な瞬間だ」と歓迎の言葉を述べました。
 一方、英国の一部となっている北アイルランドでは、同性婚が合法化される見通しは立っていませんが、自治政府のマクギネス副首相は「世界は前進し、アイルランドがその先頭に立っている。北の政治家たちはこのことをよく考慮する必要がある」と訴えました。
 
 『ニューヨーク・タイムズ』紙によると、カトリック教徒が国民の8割を占めるアイルランドは、西側諸国では最も遅く、1993年になってようやく同性愛を犯罪の対象から除外しましたが、今度は、国民投票によって憲法を修正して同性婚を認める世界初の国になりました。
 AFPによると、カトリック教会が依然として政治・社会的に大きな影響力を発揮し、1996年まで離婚が違法とされ、母親の命が危険にさらされていない限り未だに妊娠中絶が法律で禁止されているアイルランドにとって、同性婚の合法化は地殻変動級の変化を意味するものです。
 ここ数年、聖職者による性的虐待の事実が次々と明るみになり、カトリック教会への信頼が大きく揺らいでおり、そのことも投票結果に影響を及ぼしたという見方も出ています。
 
 アイルランドでは2010年、シビルユニオン法が成立し、同性カップルも結婚と同等の社会保障や税制が認められました。しかし、同性カップルによる養子縁組を認めない内容で、憲法でも同性婚が認められないことなどから、異性間の結婚と比べて不平等だとする声が上がっていました。
 一方でカトリック団体などは、伝統的な家族制度を守るべきだと主張し、反対を表明していました(同性婚を認める憲法改正は実現しましたが、教会など宗教団体への強制力はありません)

 そうしたなか、アイルランドでは1月、将来のリーダーとしても期待されているレオ・バラッカー保健相がゲイであることをカミングアウトし(同国の閣僚として初)、憲法改正を進める活動を展開していた。今回の結果を受けてレオ・バラッカー氏は「同性婚の合法化は社会的革命だ」と語りました。「アイルランドは世界で初めて、国民投票で同性婚を合法化し、それを憲法で規定する国になった」 

 ちなみに、今回の投票にはいくつもの素敵なエピソードがあります。1つは、こちらの記事にあるように、アイルランドでは在外投票がほとんど認められていないため、国を離れてからまだ日が浅く、投票人名簿に名前が残っている人たちが大挙して、(ゲイやレズビアンも結婚できるようにと)世界中から投票のために帰国したという話です。飛行機の中にはレインボーの風船がデコレーションされ、空港はレインボーを身につけた人たちや「LOVE」とデザインされたTシャツを着た人や「YES」とデザインされたバッジをつけた人などでごった返しました。
 それから、投票が行われた5月22日、これ以上の奇跡はないと思いますが、首都のダブリンの空に美しい虹がかかりました(しかも2つも)。「これが神の同性婚への”YES”でなければ何なんだ?」とツイートされ、話題になりました。



アイルランド、同性婚を憲法で認めるか 世界初の国民投票を実施へ どんな条文案?(The Huffington Post)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/22/ireland-lgbt-marriage-referendum_n_7419502.html

アイルランド 世界初の国民投票で同性婚認める(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150524/k10010090011000.html

「同性婚」国民投票で賛成多数 アイルラン(テレ朝news)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000051061.html

アイルランド「同性婚」問う国民投票で可決(日テレNews)
http://www.news24.jp/articles/2015/05/24/10275730.html

アイルランド 同性婚承認へ 国民投票開票(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015052402000129.html

アイルランド、国民投票で同性婚合法化 世界初(CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/35064931.html

アイルランドで同性婚合法化、国民投票では世界初(AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3049627

INDEX

SCHEDULE