g-lad xx

NEWS

クイーンのライブで幕を開けたアカデミー賞は、『ボヘミアン・ラプソディ』が奇跡の最多受賞を果たしました

 現地時間24日、ロサンゼルスのドルビー・シアターで第91回アカデミー賞授賞式が開催されました。同性愛嫌悪発言でケヴィン・ハートが降板したことから30年ぶりに司会者不在で開催されることとなりましたが、クイーン+アダム・ランバートのライブパフォーマンスで華々しく幕を開け、そして、クイーンのフレディ・マーキュリーの伝記ドラマ映画として世界中で観客を沸かせた『ボヘミアン・ラプソディ』が、主演男優賞(ラミ・マレック)、音響編集賞、録音賞、編集賞の4部門で受賞し、最多受賞となりました。

 クイーンのオリジナルメンバーであるブライアン・メイ&ロジャー・テイラー、そしてオープンリー・ゲイのアダム・ランバートがオープニングアクトをつとめ、「We Will Rock You」「We Are the Champions」という、映画『ボヘミアン・ラプソディ』でも印象的だった2曲を披露し、会場は大盛り上がりとなりました。故フレディ・マーキュリーの映像もステージの巨大ビジョンに映し出され、熱烈なスタンディングオベーションが送られました。『ボヘミアン・ラプソディ』主演のラミ・マレックや、クイーンの「RADIO GA GA」が自身の名前の由来であるレディ・ガガも、感激の面持ちでした。

 今回のアカデミー賞授賞式は、同性愛嫌悪発言でケヴィン・ハートが降板したことから30年ぶりに司会者不在で開催されることとなりましたが、クイーンのライブや豪華プレゼンターがステージに華を添えました。発表は、助演女優賞、長編ドキュメンタリー映画賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞…と進んでいき、技術関係、音楽関係の賞を経て、クライマックスに突入していきます。
 主題歌賞は順当に「Shallow」from『アリー/ スター誕生』に贈られました(ブラッドリーとガガがしっとりと歌い上げ、会場を感動させていました)
 そして、今回のアカデミー賞で最も注目されていた戦いの一つである主演男優賞は、有力視されていたクリスチャン・ベール(『バイス』)を押しのけて、『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックが受賞しました。ラミは受賞スピーチで「苦戦をしている人、自分の声を見出そうとしている人たち、ゲイで移民でそして人生を自分らしく生きた人の映画になっています。それをみんなと一緒に今日、祝うことができていること、それはまさにこのようなストーリーを皆さんが求めているという証。私はエジプトからの移民の子、エジプト系アメリカ人です。私自身のストーリーがいま描かれています。それを光栄に思います」と語り、会場から惜しみない拍手が送られました。

 ふたを開けてみれば、『ボヘミアン・ラプソディ』が主演男優賞・編集賞・録音賞・音響編集賞の4部門で最多受賞に輝き、『グリーンブック』が作品賞・脚本賞・助演男優賞の3部門、『ブラックパンサー』が音楽賞・美術賞・衣装デザイン賞の3部門、『ROMA/ローマ』が監督賞・撮影賞・外国語映画賞の3部門での受賞となりました。主演女優賞は『女王陛下のお気に入り』のオリヴィア・コールマンに、助演女優賞は『ビール・ストリートの恋人たち』のレジーナ・キングに贈られました。バランスよく話題作にオスカーが割り振られた印象です。

 『ボヘミアン・ラプソディ』の躍進が止まらない!でもお伝えしたように、『女王陛下のお気に入り』はレズビアン的な女性どうしの関係も描かれた作品でしたし、『グリーンブック』でマハーシャラ・アリが助演男優賞を獲得した役であるアフリカ系ジャズピアニストのドン・シャーリーは、ゲイの人物で、劇中でもそのようなシーンがありました。『ビール・ストリートの恋人たち』は、『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督の作品で、『ムーンライト』同様、黒人社会の根深いマチズモへのアンチテーゼとなっていました。そういう意味で、今年のアカデミー賞受賞作品はかなりクィアな(異性愛白人男性至上主義的ではない)色彩になっていたと言えます。
 それよりも何よりも、キャストやスタッフが何度となく入れ替わり、監督のブライアン・シンガーも性的暴行疑惑でクランクアップの1週間前に降板したり、完成しただけでも奇跡だと言われ、公開当初は批評家の評価もさんざんだったり、本当にゴタゴタだらけだった『ボヘミアン・ラプソディ』が、まさかのアカデミー賞最多受賞だなんて…奇跡としか言いようがありません。フレディ・マーキュリーのセクシュアリティやHIVのことを真正面から描き、ラミの迫真の演技も光り(1年かけて役作りを行い、次第にフレディに「憑依」していったそうです)、そしてクイーンの音楽の素晴らしさ、世界中の観客の熱烈な応援のパワーがあいまって、この映画を、史上最強の音楽伝記映画へと、スターダムの頂点へと押し上げたのでした。本当に胸熱です。天国のフレディも喜んでいることと思います。
 
 ちなみに、アカデミー賞といえば、レッドカーペットでのスターたちのファッションチェックも恒例になっていますが、今年最も話題になったのは、オープンリー・ゲイのトニー賞受賞俳優、ビリー・ポーターのタキシード・ドレスでした。「男性はタキシード、女性はドレス」という暗黙の了解、見えないルールを破り、エレガントかつクィアなスタイルで、「ベストルック」と大絶賛されました。

 



第91回アカデミー賞授賞式が現地時間24日、「クイーン+アダム・ランバート」のライブパフォーマンスで幕を開けた。(シネマトゥデイ)
https://www.cinematoday.jp/news/N0107052

主演男優賞は『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック!(シネマトゥデイ)
https://www.cinematoday.jp/news/N0107014

映画『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー主演男優賞、ラミ・マレックの「模倣を超えた演技」の魅力(WIRED)
https://wired.jp/2019/02/25/bohemian-rhapsody-oscars-2019/

トニー賞受賞俳優ビリー・ポーター、慣例を破り【ドレス姿】でアカデミー賞レッドカーペットに! 「ベストルック」と大評判(TVGroove)
https://www.tvgroove.com/?p=5989

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。