PEOPLE

その他の記事

NLGR+2012の共同代表の方たちにインタビュー

6月2日・3日、大勢の方たちが集まり、大成功を収めたNLGR+2012。イベント終了後、実行委員長をつとめた共同代表の3人の方たちにお話を聞くことができました。

NLGR+2012の共同代表の方たちにインタビュー

(左から、だいすけさん、ゆいさん、あやのさん、司会のカナコさん)

6月2日・3日と2日間にわたって開催されたNLGR+2012。昨年を上回る3500人もの人たちが集い、結婚式も素晴らしく、大成功を収めたと言えるのではないでしょうか。MCのカナコさんやLIFE東海のシンヤさんなども実行委員として東奔西走していたと思いますが、今回は、この若い方たちが共同代表として実行委員長(顔役)を務めていたそうです。ので、イベント終了後、3人の方たちにお話を聞いてみました。


――今回、3人で代表を務めたそうですが、NLGR+を終えてみて、どうでした?

だいすけさん(以下だ):よかったです。本当に大勢の人たちに来ていただけたし、忙しかったけど、楽しくやることができました。来てくれた方からも「楽しかった」っていう言葉をたくさんいただいて、結婚式も素敵で、よかったです。

ゆいさん(以下ゆ):雨が振るかもって聞いてて、心配だったんですが、本番はこんなに晴れて、ゲイパワーってすごい、雲もはねのけちゃったんだなと思って。実行委員は3年目で、もともと、女の子が少ないからもっと来やすいようにできないかなと相談されて、誘われて入ったんですが、だんだん女の子が増えてきたし、みんなにもそう言われて、うれしいです。

あやのさん(以下あ):私も参加して3年目で、今回、実行委員の代表をやっていけるのかっていうのは不安で、ちゃんとできたかなとか、反省点はいろいろありますが、来てくれた方が幸せな気分で帰ってくれたらいいなって思います。

ゆ:本当にいいムード。幸せなオーラに包まれてますね。

――VALENTY WEDDINGさんのおかげで、結婚式がいつもより華やかでしたし、人間愛結婚式という形もとてもよかったです。

だ:ボロボロ泣いた。涙あとがまだ残ってます。

ゆ:素晴らしい演出で盛り上げてくださいました。私たちも泣いた。みなさんも泣いた。

だ:今もずっとこみあげてくるものが…。

ゆ:青空にバルーンが上がっていくとき、カナコさんが「多様性を認められる社会になりますように」と言っていて、ジーンときました。

あ:来年にまたつなげられたら、と思います。

ーー本当におつかれさまでした。また来年も楽しみにしています。どうもありがとうございました。