PEOPLE

その他の記事

グランデコスノーリゾートの金光弦太さんにお話を聞きました

「GRANDECO GAY SKI & SNOWBOARD EVENT/TOUR」の実現に奔走したグランデコスノーリゾート・販促セクションの金光弦太さんにお話を聞きました。

グランデコスノーリゾートの金光弦太さんにお話を聞きました

 昨今、旅行業界でにわかにLGBTフレンドリー宣言をするホテルが急増しています(那覇のパームロイヤルなどが有名ですね)。ホテルグランヴィア京都などは、IGLTA(国際レズビアン&ゲイ旅行業協会)に加盟し、仏式同性結婚式ができるツアーを自ら企画して海外にアピールしているから素敵です。そうした盛り上がりのなかで、ついに東北でもゲイツアーを開催するリゾート(ホテル・スキー場)が登場しました。
 3月14日(土)~15日(日)、福島・裏磐梯の有名なスキーリゾート「GRANDECO(グランデコ)」で開催される「GRANDECO GAY SKI & SNOWBOARD EVENT/TOUR」は、東北初のゲイツアーとなります。主催するのは一昨年、旅行業界に向けてLGBTセミナーを開催し、旅行業界でのLGBTフレンドリー・ムーブメントのきっかけを作ったアウトアジアトラベルです。どのようにして今回のツアー開催に至ったのか、グランデコスノーリゾート・販促セクションの金光弦太さんにお話をお聞きしました。

——まずは、東北で初めてIGLTAに加盟した理由をお聞かせください。

 震災のあとで、東北への観光客の足がピタっと止まった。復興につなげよう、なんとかしなければならない、特に福島は、しばらくお客様が来ないだろう…というところで、新しいお客様を開拓しようという話になっていまして。ちょうどその頃、アウトアジアトラベルの小泉さんからLGBTセミナーへのお誘いがあって、参加してみたら、IGLTAというのがあることを知り、上司を説得して加盟する運びになりました。

——アウトアジアトラベルの小泉さんはもともと知り合いだったんですか?

 上司が知り合いだったんです。上司宛てにお誘いがあって、私が行くことになって。それがちょうど2年前。震災の1年後くらいで、まさに新しいお客様を開拓しようという話をしていたところだったので、タイミングがよかったんです。

——あまり未来が見えないなかで、なんとかしようとしているところで、これはいいマーケットなんじゃないかという希望を見出して、そこに賭けてみようと思った。

 LGBTのお客様は気持ちよくお金を使ってくださったり、マナーもよかったりする、優良顧客層。いずれ育っていくマーケットだろうなと思いましたし、とてもいいタイミングだったんです。

——そのセミナーの後、IGLTAの総会に参加されたり?

 総会にはまだ行ったことがないんですが、今年の4月にロサンゼルスで開催される総会にはぜひ参加したいと、いま準備を進めているところです。

——去年、台湾のLGBTパレードツアーに参加されましたよね。海外はどんな感じなんだろうということで?

 台湾はもともと、スキーをはじめ、旅行業界では大きなマーケットなんです。台湾で通常の営業をしている者もいるなかで、LGBTをターゲットにしたいということで、一般の営業も交えながら、という条件で会社からツアー参加の許可が下りて。参加してみて、あらためてLGBTマーケットの大きさを肌で感じて、会社にもそのように報告をしました。

——パレードやツアーに参加して、どうでした?

 小泉さんの方が取りまとめて企画してくださったので、参加しやすかった。パレードを歩く一員(花魁の後を歩く着物の男性役)として参加させていただいて、人生でこんなにたくさんシャッターを切られることがなかったので、ものすごく感激して。とても大きな経験をさせていただきました。

——よかったですね。では、今回のツアーを開催することになった経緯を教えてください。

 ゲイの方を中心とした団体様をスキーにお呼びしたいという気持ちと、東北の復興という気持ち。小泉さんとかと話を重ねるうちに、最初は4月4日と考えていたんですが、3月がいいだろうということで、日にちを決めて。そしたら、どんどん話が進んで。2月いっぱいがハイシーズンで、3月は少し落ち着く時期なので、販促会議でも、3月中は毎週末1本は団体を入れていきたいという話が出ていたので、ちょうどよかった。

——団体が入るということで、ちょうどよかったんですね。宴会場を借り切ったり、プールを開放したり、ツアー客のためにいろいろ手配してくれてると思いますが、会社側としても、ゲイ大歓迎っていう気持ち?

 そうですね。できるだけツアーのお客様が居心地よく楽しんでいただけるように、と思っています。さすがに貸切にはできなかったんですが、お部屋はすべて宴会場側に固めて配置していますし。ゴンドラ優先搭乗となるレインボーバンダナも、私の方で提案させていただきました。また、お値段もできるだけ勉強させていただいて、少しでもチャリティに回るようにと思っております。

——収益の一部が仙台のやろっこ(HIV予防啓発グループ)に寄付されるんですよね。コミュニティセンターも運営して、東北のゲイコミュニティの重要な結節点となっています。では、ツアーに向けての抱負とか気持ちをお聞かせください。

 国内の方のみならず、在日外国人の方や海外の方、もちろんLGBTの方も含めて、どなた様でも分け隔てなくお迎えできる施設でありたい、そこから誰でも来て楽しめる東北になるということが完全な復興だと信じています。ぜひその原動力になるイベントになればと思っています。

——最後に、これを読んでいる方に何かひとこと、お願いします。

 東北の方に申し上げるとしたら、なかなかオープンにすることが苦手な方も多いと思うんですが、こういうイベントがあることで仲間がいるんだということを再確認していただいたり、前向きな気持ちになれるきっかけになったらうれしいです。

——ありがとうございます!