REVIEW

その他の記事

映画『アリス・イン・ワンダーランド』

巷でも大ヒット中の映画『アリス・イン・ワンダーランド』。赤の女王や奇妙な双子トウィードルダム&トウィードルディー(マット・ルーカス)といったクィア(ヘン)なキャラをお楽しみください。

映画『アリス・イン・ワンダーランド』
Photos: (C) Disney Enterprises, Inc.

 大きくなったり小さくなったり、3月うさぎや帽子屋やチェシャ猫がお茶会をする「不思議の国(ワンダーランド)」でのファンタジーかと思いきや、「結婚が女性の幸せ」という社会通念の強制を拒み、「アンダーランド」での冒険(ロールプレイング)による成長を通じて、男性と対等に、自立して生きていこうとする女性の物語として描かれていました。

 それはそうと、この映画には奇妙なキャラクターがたくさん登場します。そこがゲイ的な見所ではないでしょうか。
 実はゲイがいちばん面白がり、共感さえするのは、「悪玉」の赤の女王(ヘレナ・ボナム・カーター=ティム・バートンの奥さん)だと思います。明らかにデッサンが狂ったような二頭身キャラで、怒鳴ったり、男の色気で顔を赤らめたり、感情をむきだしにして女王然と振る舞っています。機械のようなトランプの戦士たちや動物たちや怪物たちや意志を持たない取り巻きたちの中にあって、赤の女王はとびきり人間らしく見えます。その表情のトゥーマッチさ(やりすぎ感)には思わず笑ってしまいます。
 対する「善玉」であるところの白の女王(アン・ハサウェイ=お兄さんがゲイです)は、ぼーっとした無垢で美しいプリンセス、という雰囲気でしたが、アリスのために「体が縮む薬」を作るとき、ちょっと「ヘン」な感じを見せました(ツバを入れたり)。
 帽子屋ハッター(ジョニー・デップ)はジョニデであるがゆえにアリスとペアであるような主役男性として扱われていましたが、そのハデすぎるメイクや(どうやったらあんな目になるんでしょう)、ちょっとクレイジーなキャラなどはなかなか楽しめました。
 そして、あの『リトル・ブリテン』のマット・ルーカスが演じた奇妙な双子、トウィードルダム&トウィードルディーこそは、最もクィア(ヘン)なキャラでした。いい人なのか悪い人なのか、仲がいいのか悪いのか、人間なのかそうじゃないのか、よくわからない存在。彼らは戦いもしないし、ただ流されるままに右往左往しながら、物語を面白く味付けする役回り(トリックスター?)なのでした。


 ちなみに、アリス役を演じたミア・ワシコウスカは、なかなかゲイに縁がある女優さんです。
 彼女は『ミルク』のガス・ヴァン・サント監督の新作『レストレス(Restless)』に主演することが決まっています。
 また、ジュリアン・ムーアとアネット・ベニングがレズビアン・カップルを演じる『The Kids Are All Right』(2010年公開予定)にも娘役で出演しています。 
(後藤純一) 


アリス・イン・ワンダーランド』ALICE IN WONDERLAND
2010年/アメリカ/監督:ティム・バートン/出演:ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー、マット・ルーカスほか/配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ