g-lad xx

REVIEW

映画『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』

『マンマ・ミーア!』などと同様、とても紳士的で素敵なゲイのキャラクターが登場します。彼のエピソードは、このうえなくせつなく、愛にあふれ、本当に魅力的で、ジーンとくるものがあります。観てよかったと素直に思える映画です。

映画『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 定年を迎えたイギリスの7人の男女…ある女性は最愛の夫を亡くし、家も借金のカタにとられ、ある夫婦は老後を過ごすための家も満足に買えず、ある女性は足の手術をするために…彼等はそれぞれの事情を抱えながら、インドのジャイプールにある長期滞在型リゾート「マリーゴールドホテル」へとやってきます。が、広告とは明らかに違うホテルのボロさに落胆し、インドという国にカルチャーショックを受けます。が、そんな中でも、それぞれに生き甲斐や希望を見出していくのです。

 その中の一人、裁判所の判事であったグレアムは、子どもの頃ジャイプールに住んでいたと言い、昔住んでいた家のあった所に出かけるのですが、家はもう跡形もなくなっており、その後、毎日のように役所へ出かけるようになります。あるとき、仲がよくなったイヴリンに、インドに来た本当の理由を打ち明けます。彼は子どもの頃、召使いの子どもである同年代の男の子と仲良くなり、いっしょに遊ぶようになります。「彼といっしょに観た夕陽の美しさは一生忘れられないよ」。そのうち、二人はそれ以上に親密になるのですが、親にその現場を見つかってしまい、男の子だけでなく、その家族までもが街を追われるハメに…。まだ子どもだったグレアムには何もすることができず、そのうちロンドンの大学に進学することになり、彼とは会えずじまいでした。グレアムはずっと彼に申し訳ないという気持ち(と幼い日の恋心)を抱えて生きてきたというのです。しばらくして、役所から連絡があり、彼の今の住所が判明します。グレアムは、イヴリンといっしょに、ドキドキしながらそこに出かけていきます。そしてついに、数十年ぶりに、彼との再会を果たしました。しかし…。

 この映画の中で、グレアムは最も紳士的で立派な男性として描かれています(誰もゲイだとは思っていませんでした)。子どもにも優しく、社会的地位もあり、同じホテルの女性にも惚れられたりします。ゲイだとカミングアウトしたあとも、誰もそれをバカにしたり、嫌ったりはしませんでした。
 7人のいろんなエピソードが描かれるなかで、このグレアムのエピソードはひときわ美しく、ロマンティックで、涙を誘う、いい話でした。この映画がGLAADメディア賞にノミネートされたのもうなずけます。
 グレアムだけではなく、それぞれのエピソードが、(必ずしもいい話ばかりではありませんが)とても身につまされたり、リアルだったり、せつなかったり、素敵だったりして、しみじみ共感できます。晩年をどう過ごすかということは、子どものいない(孤独になりやすい)ゲイにとっては、けっこう深刻なテーマだと思いますが、この映画はきっと、希望を与えてくれるはず。
 観てよかったなあと素直に思える映画です。

 
[+dr.title+]

マリーゴールド・ホテルで会いましょう
The Best Exotic Marigold Hotel
2011年/イギリス/監督:ジョン・マッデン/出演:トム・ウィルキンソン、マギー・スミス、ビル・ナイ、デヴ・パテル、ジュディ・デンチほか/配給:20世紀フォックス

INDEX

SCHEDULE