REVIEW

その他の記事

映画『モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 〜グレアム・チャップマン自伝〜』

『モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 ~グレアム・チャップマン自伝~』という映画が2週間限定公開中です。うっかりするとほとんど知られないまま見逃されてしまいそうなのですが、この世にも奇妙なカミングアウト・バラエティ・3Dアニメ映画のことを、グレアム・チャップマンという偉大な先駆者がいたことを、ぜひ知っていただきたいと思います。

映画『モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 〜グレアム・チャップマン自伝〜』

「モンティ・パイソン」をよく知らない方でも、その名は聞いたことがあると思います。70年代にはテレビ東京で『空飛ぶモンティ・パイソン』の吹替え版が放送されたこともあり、日本でも根強いファンがいたりします。
 『空飛ぶモンティ・パイソン』が1969年からBBCで放送され、世界的な人気を博した英国のコメディ集団「モンティ・パイソン」。シュールだったり過激だったりする作風で一世を風靡し(『サウスパーク』『ザ・シンプソンズ』などは大きな影響を受けています)、同世代のビートルズのように、ある意味アイドルでもありました。『未来世紀ブラジル』のテリー・ギリアムがメンバーだったことでも知られていますが、何と言ってもフロントマンのグレアム・チャップマンの奇想天外なひらめきが、モンティ・パイソンの面白さを決定づけていました。
 グレアムは1989年、奇しくも結成20周年の前日に没し、モンティ・パイソンは解散状態となりました(葬儀の時には、グレアムの遺言により「Fxxk」という言葉が飛び出し、昨年のロンドン五輪の閉会式でも歌われた名曲「Always Look on the Bright Side of Life」が歌われました)。が、2011年6月には、チャップマンの自伝「A Liar's Autobiography(ある嘘つきの物語)」がアニメーション映画化されることが発表されました。 

 できあがった映画は、世にも奇想天外な作品となりました。「ある嘘つきの物語」という自伝の題名のように、どこまでが本当でどこまでが嘘かもよくわからない、シュールだったりファンタジックだったり(ある意味カオス)な作品です。予備知識なしに観た方は、めんくらったり、何がなんだかわからなかったりするかもしれません。少しストーリー的なもの(グレアムの生涯の物語)を整理しつつ、映画を見どころをお伝えします。

 グレアムの原体験は、ドイツ軍の空爆で死体だらけになった街の光景でした。そして、雨ばかりの鬱屈とした英国の退屈な家庭に生まれ育ち、いつも本ばかり読んでいました(古代ギリシアの同性愛の本とか)。ラグビーをやっていたおかげで、運よくケンブリッジ大学にすんなり入れました。そして、グレアムはゲイでした(大半はセクシュアリティに関すること…というか下ネタのオンパレードでした)

 高校時代までは女の子と寝たりもしていましたが(でも想像してるのは男の子)、やがて自分はゲイだと確信するようになり、スペインのイビザで運命の人・デヴィッドと出会います。そしてグレアムは、1967年に自宅で「カミングアウト・パーティ」を催しました。そして1970年代にはTVのトークショーでカミングアウトします。その番組を観ていた母親はショックで泣きじゃくり…(父親は「まあいいじゃないか。母さんはカタすぎるんだ」と言っていました)
 大勢のゲイたち(ビレッジピープルみたいな。ていうか、まさにその時代ですね)がゲイのセックスを礼賛する歌を合唱したり、街中でダンスしたり、みたいなシーンもあって、それは本当にエキセントリックでファンタジックでクィアで、拍手したくなるシーンでした。

「新約聖書の失われた断片『ニュージーランド人への手紙』」という作品も傑作でした(生殖のための「正しい」セックスや教会の形式ばったありようを揶揄し、同性愛を含む自由な性を賛美する内容。神様は鷹揚で、聖職者みたいに偏狭じゃないよ、というノリ)

 有名人がほとんど誰もカミングアウトしていなかった時代に、あそこまで堂々とあけっぴろげに自身のセクシュアリティをさらけだし、人々に影響を与えたグレアムは本当にスゴい人です(実は『Gay News』という機関誌の発起人にもなり、ゲイ解放運動にも参加していたそうです)
 グレアムは、根底に「ゲイが堂々と生きられる世の中になってほしい」という思いを抱えつつも、あらゆる権威(キリスト教さえも)を笑い飛ばし、どこまでが本気でどこまでが冗談かわからないような飄々とした笑いのなかで人々の既成観念(道徳観)を変えていったんだと思います。そういう意味でも、偉大な先駆者だと思います。

 12月6日まで新宿ピカデリーにて上映、12月7日よりなんばパークシネマにて2週間限定上映です。ぜひお早めにご鑑賞ください。

モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 〜グレアム・チャップマン自伝〜
2012年/イギリス/監督:ビル・ジョーンズ 、ベン・ティムレット、ジェフ・シンプソン/出演:グレアム・チャップマン、ジョン・クリーズ、テリー・ギリアム、テリー・ジョーンズ、マイケル・ペイリン、キャロル・クリーヴランド、キャメロン・ディアスほか/新宿ピカデリーにて上映中