REVIEW

その他の記事

映画『すべすべの秘法』

今泉浩一監督の最新作をご紹介。たかさきけいいちさんの漫画『すべすべの秘法』を下敷きにして撮り上げた、かわいらしくてセクシーな映画です。

映画『すべすべの秘法』

 映画『すべすべの秘法』は、コミックアンソロジー「ウラゲキ」(古川書房)に収録されたたかさきけいいちさんの短篇漫画をもとに、今泉浩一監督が脚本を書き、映画化した作品です。たかさきけいいちさんは独特の現代的なタッチやメッセージ性を持たせた作風が光る作家さんで、90年代に『バディ』誌上で発表された作品はずいぶん話題を呼んでいました。

 まず、フライヤーのモデルにもなっている主演の馬嶋亮太さんが、とてもイイです。イマドキこんな子、なかなかいないよね〜と思わせるようなピュアでやんちゃな魅力が全開。明るくて元気で、笑顔がたまらなくカワイイです。関西弁と標準語がまざってたり、演技がわざとらしかったりしても、全く気になりません。映画にしても、ゲイビデオにしても、俳優さんの魅力が命、というところがあると思いますが、彼を起用した時点でこの映画はOK!だと思いました。
 

 京都に両親と住んでいる20代のリーマン・リョータは、研修のため、5日間東京に行くことになり、ヤリ友・イッセイの家に泊めてもらうことにします。イッセイは正直、あまりゲイ受けするタイプではないのですが、それゆえに、スレてなくて、明るくて、感じのいい子です。リョータはそんな彼とひさしぶりに会って、木造のささやかなアパートで、二人でいっしょにご飯を食べたり、お風呂に入ったり、セックスしたり。そして、ちゃんとつきあいたいな…と思うのです。ちょっとウルウルくるくらい、幸せを感じました。
 リョータの研修が終わったあと、二人は都内でデートします(なぜか行き先が新木場の夢の島。熱帯植物園とか、第五福竜丸展示館とか。原作ではそこで、震災や放射能の話が出てくるのですが、映画ではカットされていました。原作は会場で販売されているので、ぜひ読んでみてください)。そこに、イッセイの元彼(遊び人)が登場。ちょっと雲行きがあやしくなります…。その後どうなるかは、映画で観てみてください。(「すべすべの秘法」の意味も、映画で確かめてみてください)

 ひとことで言うと、『初戀』のみずみずしさ(若いゲイたちの初々しさ)と、『家族コンプリート』のエロティシズムがバランスよく両方込められたような、愛おしい作品でした。でも、『すべすべの秘法』におけるセックス・シーンは、(おそらく1本に3〜4回というポルノ映画の作法を踏まえているにもかかわらず)あまりポルノという感じがしません。けなげな二人の、つかの間の幸せな時間の流れの中にある、とても自然な愛情表現になっているのです。そこが『家族コンプリート』とは違うな、と思いました(物足りないな、とは思いませんでした)

『すべすべの秘法』は、今日から2月8日(土)まで、渋谷アップリンクで毎日上映されます。興味のある方はご覧になってみてください。

 
すべすべの秘法The Secret to My Silky Skin
(2013年/カラー/77分/HDV/ステレオ/With English Subtitles)
※18歳未満の方はご覧いただけません
出演:馬嶋亮太、本名一成、きたがわひろ、藤丸ジン太、ほたる、村上なほ、伊藤清美、赤岩保元
原作:たかさきけいいち(「ウラゲキ vol.4/古川書房」 2005掲載)
監督・脚本・編集:今泉浩一
撮影・スチール写真:田口弘樹
音楽・音響:PEixe-elétrico
英語字幕:川口隆夫 字幕協力:Jeremy Harley
タイトル題字:赤岩保元
制作:岩佐浩樹
製作:habakari-cinema+records