REVIEW

その他の記事

映画『お江戸のキャンディー』

完全MEN ONLYにして耽美的な「EDOワンダーランド」という虚構の世界で繰り広げられる、男どうしの恋物語。あまりにも美しいボーイズラブな「白鳥の湖」。ゲイフレンドリーな広田レオナさんが監督した最新作です。

映画『お江戸のキャンディー』

 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭のオープニング・ゲストを飾ったこともある女優の広田レオナさんは、2000年の初監督作品『DRUG GARDEN』にクリスティーヌ・ダイコ☆さん、マーガレットさん、HOSSYさんをはじめとするドラァグクイーンを登場させ、話題を呼びました。素晴らしくゲイフレンドリーな広田レオナさんの監督作第2弾は、完全MEN ONLYにして耽美的、ボーイズラブ的な「EDOワンダーランド」という虚構の世界で繰り広げられる、「白鳥の湖」をベースにしたあまりにも美しいゲイたちの恋物語です。
 
『白鳥の湖』といえば、マシュー・ボーン(ゲイの振付家)による男性だけで演じられるバレエ『白鳥の湖』や、男だけで『白鳥の湖』を踊るグランディーバ・バレエ団が有名で、もちろんチャイコフスキーもゲイですから、ある意味、『白鳥の湖』はゲイの鉄板ネタと言えるでしょう(ナタリー・ポートマンが女性どうしのセックス・シーンを演じた『ブラック・スワン』も話題になりましたね)
『お江戸のキャンディー』でも、『白鳥の湖』がBGMとして使われ、物語も『白鳥の湖』をベースにしています(と言っても、『白鳥の湖』は悲劇で終わるもともとの物語のほかに、ハッピーエンドとなるバージョンもあり、映画の終わりがどちらを踏まえたものか、わかりません。見てのお楽しみとなります)。もともとのバレエはこんなストーリーでした。
 舞踏会で花嫁を選ぶように言われたジークフリート王子。夜、湖の白鳥たちが月の光を浴びて娘の姿になったのを見て、王子はその中でひときわ美しいオデットに一目惚れし、オデットに舞踏会に来るように告げます。王宮の舞踏会で王子は、黒い衣装で現れた女性をオデットだと思い込み、花嫁として選びますが、それは悪魔が魔法を使ってオデットのように似せていた娘のオディールだったのです… 
 
『お江戸のキャンディー』の舞台設定は、森に囲まれ、男しかいない架空の街「EDOワンダーランド」。そこには吉原のような男娼館…ではなく、クラブみたいなフロアでGOGO BOYのように踊るボーイを指名して一晩いっしょにお酒を飲める「若衆茶屋」というお店があり、毎夜パーティで盛り上がっています。ときには男花魁による花魁道中も行われたりしています。ここで働くボーイがもし客と恋に落ち、恋を成就しようとすれば、お店を「足抜け」し、川に身投げして心中するしかありません。
 さて、EDO随一の美貌を誇る白鳥太夫(真山明大)は、寵愛していた男の子が客と心中し、悲しみに暮れていましたが、川べりで手を合わせていたとき、若衆茶屋「飴屋」でNo.1の人気を誇るフリ松と出会い、電撃的に恋に落ちます。が、それを知った将軍(吹越満)は、恋愛禁止令を出し、そして、白鳥にそっくりなお伝(真山さんが黒い衣装で演じています)をフリ松のもとに送り込み…

 男だらけのこの世界では、いわゆるイケメンなボーイたちが断然もてはやされているのですが、見た目は二枚目半だけど空手の演武が得意なボーイとか、コメディ役者(竹中直人)などもそれなりに人気を博しています。また、ひげが生えたり、髪がモヒカンだったり、タトゥーが入っていたりするワイルドな男たちも登場します(彼らは「くるうじんぐ」という奇病に冒されているという設定です)。キホン、モテ筋な人は男っぽくて、オネエさんはモテないという設定もリアルです(ただし、男っぽすぎて怖い人はNG)。いろんな意味でゲイの世界に通じるようなところがあって、面白いと思います。

 これまで、ノンケの方が映画にゲイを登場させる場合、見た目イマイチなおじさんが女装してゲイバーのママを演じるというステレオタイプだったり、ビジュアルで拒絶反応を起こさせるようなパターンがほとんどでした。が、この作品は、完全に男どうしの愛を賛美し、カッコいいものとして描いているところが素晴らしいと思います。よくぞこんなに!と驚くほど、クオリティの高いイケメンを集めてきたところもスゴいし、ボーイたちのヘッドセットのオシャレさ加減はまるでドラァグクイーンのよう…と思っていたら、クレジットにHossy先生の名前がありました(さすがです!)

 それから、ナレーション(現実の声)を桃井かおりさんがつとめているところもポイントです。吹越満さん、竹中直人さんというベテラン俳優陣の演技の妙にもシビれました(大いに楽しませていただきました)

 BL好きな方やイケメン好きなゲイの方なら、間違いなくビジュアル面で大満足していただけますし、特にイケメン好きではないゲイの方にとっても、楽しんでいただける作品になっていると思います。
 

お江戸のキャンディー
2014年/日本/監督:広田レオナ/出演:真山明大、高橋ひろ無、橋本淳、南羽翔平、渡辺潤、村上昂史、吹越満、竹中直人ほか/配給:アイエスフィールド、アルゴ・ピクチャーズ/池袋シネマロサほか全国で公開