REVIEW

その他の記事

ゴージャス&セクシーだけじゃない、感動の『SATC2』

いよいよ待望の『SATC2』が公開されました。4人のキャラのはじけっぷりやとびっきりのゴージャスさはそのままに、世の女性たち(とゲイ)に対する作り手の「思い」がジンジン伝わってくるような、泣ける映画でもありました。

ゴージャス&セクシーだけじゃない、感動の『SATC2』

 本日いよいよ、待望の『セックス・アンド・ザ・シティ2』が公開されました! というわけで、さっそくレビューをお送りします。

 まずはオープニングにヤラれます。いきなりゲイ、ゲイ、ゲイ!な展開に、顔がほころびっぱなしでもいつの間にか涙が。マイケル・パトリック・キング監督(彼もゲイです)やサラ・ジェシカ・パーカー(プロデューサーも務めています)からの最高の贈り物に、その心意気に感謝したい気持ちでいっぱいになります。

 それから、キャリー、サマンサ、ミランダ、シャーロット、それぞれの人生の行方が、あいかわらずゴージャスに、そして彼女たちらしく、描かれていきます。

 キャリーとMr.BIGの幸せな結婚生活にも「2年目の魔物」が訪れます。ミランダは女性シャットアウトな職場でのイライラをつのらせています。シャーロットはナニー(ベビーシッター)とハリーの浮気を心配しながら、2人の娘の子育てに疲れぎみ。サマンサはあいかわらず自由を謳歌しています。

 そんな時、ふとした幸運が舞い込み、4人はUAEのアブダビ(ロケはモロッコ)にひとっ飛び。まるで千夜一夜物語のように、アラビアのロレンスのように、王様気分を味わい、夢のようなロマンスや、あっと驚く「運命のいたずら」を体験します。その中で、ニューヨークでの生活がもたらした傷や疲弊を癒していくのです。

 ミランダとシャーロットがホテルのバーでたまったウップンをはきだしあうシーンは本当に痛快です。「よくぞ言ってくれました!」という世界中の母親たちの拍手が聞こえてくるようでした。

 そして、サマンサが今回も、期待に違わぬ「活躍」を見せてくれました。女性の肌の露出が禁じられている中東でエロ全開のサマンサがどんなことになるかぜひお楽しみに。ここがまちがいなく、今回のゲイ的見所。キャーキャー言っちゃいます。

  他にも見所はいろいろあります。ニューヨークに出てきたばかりの頃の4人の80年代ファッションには思わず笑ってしまいます(一瞬ですので、目をサラのようにして観ましょう)。それと、マイリー・サイラスやペネロペ・クルス、ライザ・ミネリのカメオ出演にも注目! 特にライザ・ミネリの出演シーンは拍手モノ。ゲイへの最高のプレゼントだと思います。

 これまでのSATCが「恋も仕事も素敵にこなす輝ける独身女性(とゲイ)への応援歌」だとすると、今回のSATC2は「結婚生活に迷いや悩みを持つ女性や子育てに奮闘するすべての女性たち(とゲイ)」への讃歌でした。

 ジェニファー・ハドソンとレオナ・ルイスが歌うエンディング・テーマを聴きながら、うっとりするような、心から癒されたような気持ちで、映画の余韻にひたることができると思います。

 


セックス・アンド・ザ・シティ2
2010年/アメリカ/配給:ワーナー/監督:マイケル・パトリック・キング/出演:サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソンほか/64日(金)、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー