g-lad xx

FEATURES

特集:2021年初春のアート展

2021年初春、ゲイの方のアート展やゲイテイストな写真展がいろいろ開催されます。いまのこの時期、密を避けて静かに楽しめるアート展は、ちょっとしたお出かけに最適かもしれません。

特集:2021年初春のアート展

(トップ画像は「男を巡る冒険 眞伯晃写真展」より)

2020年はトム・オブ・フィンランドの初個展が開催されたり、12月にはaktaとプライドハウス東京レガシーで世界エイズデー関連の展覧会も開催されました。今年は初春から、注目すべきアート展が多数、開催されています。緊急事態宣言下ではありますが、マスク着用で、距離をとって、静かに鑑賞するぶんにはきっと安心して楽しめるはず。こんな息苦しい時こそ、心に栄養を!ということで、休日の昼間にでも、ちょっとお出かけしてみてはいかがでしょうか。
 



1/3〜 東京
大塚隆史作品展示@タックスノット

 大塚隆史さんが1年以上かけて制作してきた『タロット大アルカナシリーズ』が完成し、全23作品が揃った形でご覧いただきたいとのことで、バー「タックスノット(Tac’s Knot)」で展示が行われています。前面の壁面に22作品を並べて展示し、後ろの壁面には間近で見ていただくための作品を1点展示してあります。この後ろの1点は2週間毎に展示替えをし、46週で全ての作品を近くで見ていただける形を予定しているそうです。大塚隆史(タック)さんのゲイテイストな作品をぜひ、ご覧ください。(なお、「タックスノット」ではカウンターにビニールが張られ、席数も削減し、しっかり感染予防対策が取られています)

大塚隆史作品展示@タックスノット
会期:1月3日〜
会場:バー「タックスノット(Tac’s Knot)
営業時間:土17:00-20:00、日15:00-20:00、月水金17:00-20:00、火木14:00-20:00 ※酒類販売は19:00まで
料金:お通し500円+ドリンク1杯800円~1000円





〜1/15 東京
Inside/Out ─映像文化とLGBTQ+

 早稲田大学演劇博物館の2020年度秋季企画展です。1月15日まで開催されています。戦後から2020年初めまでの映画・テレビドラマに描かれたLGBTQの表象を多彩な資料とともに振り返る、初の本格的なLGBTQ映像歴史展です。「そんな早い時代にこんな作品が?」といった驚きがきっとあります。「こんな切り口(視点)もあるんだなぁ」と感心する方も、「え、あの名作が紹介されてないの?」と思う方もいらっしゃることでしょう。いずれにせよ、この企画展は、今後さらにより良い企画が生まれることへとつながる土台のような意義を持っているのではないかと思います。晴れた冬の日の早稲田大学は、なかなか素敵な雰囲気です。周辺にもいろいろ観るところやお店があったりもしますので、ちょっとしたお出かけに最適かと。
  
内から見るか、外から見るか、それとも──。
性の視点から映画やテレビドラマの歴史を紐解くと、目の前に広がるのは男女の恋愛物語だけではありません。そこには同性同士の恋愛や情愛、女らしさ/男らしさの「普通」に対する異議申し立て、名前のない関係性などを描いた物語が存在します。
2010年代には、「LGBTブーム」を契機にLGBTQ+の人々を描く映像作品が次々と製作され、性について、また「普通とは何か?」について考える機会が増えました。本展では、戦後から2020年初めまでの映画とテレビドラマを主な対象に多様なLGBTQ+表象に着目し、製作ノート、パンフレット、スチル写真、台本、映像などの多彩な資料とともに歴史を振り返ります。
いまを生きる私たちが一度立ち止まり、過去の物語と現在を繋ぎ合わせることで、様々な性や人間関係のあり方を尊重する、映像文化の魅力を改めて認識する機会となる事を願います。
(公式サイトより)

早稲田大学演劇博物館 2020年度秋季企画展
Inside/Out ─映像文化とLGBTQ+
会期:~2021年1月15日(金)
会場:早稲田大学演劇博物館 2階 企画展示室
開館時間:10:00-17:00
入館無料
主催:早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点





〜1/17 大阪
色男博覧会 MAN EXPO 2020

 大阪のコミュニティセンターdistaで開催中の、天野ヒカリさんというフォトグラファーの方の写真展です。GOGO BOYのようなトップクラスのイケメンから個性的な「色男」まで、ヌードもあれば日常のなにげない写真もあり、たくさんの方の多彩な写真が展示されるようです。お近くの方はぜひ!

色男博覧会 MAN EXPO 2020
会期:〜1月17日(日)
会場:コミュニティセンターdista
※distaは12日まで休館です。13日〜17日にご来場ください
開館時間:17:00-21:00
入場無料





1/8~1/11 東京
山乃モトキ個展「ネガフィルム」

 国内外で活動中のフォトグラファー、山乃モトキさんの個展です。今までの写真人生を振り返る「ネガフィルム」、生と性の輝きとコンプレックスをテーマに綴ったメンズヌード「fight alone」、写真と文字と音楽で 故郷に置き去りにしたあの頃の僕へ「三十歳のタイムカプセル」という3つの作品群から構成されるそうです。

山乃モトキ個展「ネガフィルム」
会期:2021年1月8日(金)~1月11日(月)
会場:gallery201(東京都品川区北品川6-2-10 島津山ペアシティ201)(都営浅草線高輪台駅A1出口より徒歩8分、JR五反田駅東口より徒歩10分、JR品川駅高輪口より徒歩15分)
開館時間:12:00-19:00 ※最終日は17:00まで
入場無料
※感染予防対策として、ギャラリー内各部屋の換気と、入口にて手指のアルコール消毒と体温の測定、入場制限をさせて頂きます。また、入場される際はマスクの着用を義務付けさせて頂きますのでご理解ご協力をお願い致します。





1/9〜 神奈川
フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる

 20世紀で最も重要な画家の一人であり、ゲイのアーティストとしても知られるフランシス・ベーコン。その貴重な展覧会が、葉山の神奈川県立近代美術館で開催されます。この展覧会は、生前のベーコンと深い交流のあったバリー・ジュールのコレクションで構成されるもの。日本初公開となる作品や資料を含め、シュールレアリスムの油彩画から「教皇」シリーズ、ドローイング、晩年の自画像、そして写真や書籍に色をつけたり線を描いたりした作品などが展示されます。ボクサーや自転車選手など、あまり観たことのないモチーフ(おそらく日本初公開じゃないでしょうか)の作品もあり、ベーコンの新たな一面を垣間見ることができる気がします。
 
フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる
会期:2021年1月9日(土)〜4月11日(日)
会場:神奈川県立近代美術館 葉山 展示室2-4(神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1)
開館時間:9:30〜17:00 ※入館は16:30まで
休館日:月(ただし1月11日は開館)
料金:一般 1200円 / 20歳未満・学生 1050円 / 65歳以上 600円 / 高校生 100円
同時開催:コレクション展「イギリス・アイルランドの美術-描かれた物語」






2/9~2/14 沖縄
男を巡る冒険 眞伯晃写真展

 眞伯晃(まさきあきら)さんという方が、世界を旅するなかで出会った男たちの肉体と精神の躍動を捉えた約50枚の写真を展示します。展示する写真は大きく4つのテーマに分かれています。トルコの伝統的格闘技・ヤールギュレシ(オイル相撲)の全国大会、彫りの深い美形ばかりで驚いたインド、親しみを感じさせる東南アジア、そしてかつて海を渡った「人類最強の肉体」と賞されるポリネシアの男たち。沖縄を旅行している時に、溜まっていた写真を世に発表したいと思い立ち、那覇で写真展を開くことにしたそうです。気軽に立ち寄っていただき、男たちのふとした表情や仕草を愛でていただければ幸いです。

男を巡る冒険 眞伯晃写真展
会期:2021年2月9日(火)~14日(日)
会場:那覇市民ギャラリー(沖縄県那覇市久茂地1-1-1 パレットくもじ6階)
開館時間:10:00~19:00 ※最終日は17:00まで
入場無料

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。