g-lad xx

FEATURES

2019年下半期のオススメ映画

『トム・オブ・フィンランド』や『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』など、2019年下半期に公開される映画をまとめてご紹介します。取り急ぎ、7月に上映される作品をお伝えします。

2019年下半期のオススメ映画

上半期には『ゴッズ・オウン・カントリー』『サタデーナイト・チャーチ』『ある少年の告白』といった話題作がたくさん上映された2019年。下半期に突入する7月にも、レインボー・リール東京のほか、東南アジアのクィア映画、『Girl/ガール』の公開、『モーリス 4K』新録吹替版のテレビ放送、そして8月以降、『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』『トム・オブ・フィンランド』『ウィークエンド』などの上映が予定されています。詳細がわかり次第、少しずつ情報を追加していきますが、取り急ぎ、7月に上映される作品をお伝えします。(公開日の日付順です)




『一緒にいて』
7月4日(木)12:00
7月6日(土)15:55 ※上映後、監督Q&A

東南アジア映画の巨匠たち/響きあうアジア2019より。
数々の国際映画祭で出品を果たしたシンガポールを代表する映画監督、エリック・クーの初期の代表作。妻を亡くした商店主、グルメな警備員、同性に恋する女子高生という3人の孤独を静謐でスタイリッシュな様式のなかに優しく見つめています。シンガポール映画として初めてカンヌ映画祭監督週間のオープニングを飾りました。第18回東京国際映画祭上映作品。

『一緒にいて』Be With Me
2005年/シンガポール/93分/監督:エリック・クー




『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』
7月4日(木)18:30 ※上映前オープニングセレモニー/上映後、監督Q&A
7月7日(日)18:40 ※上映後、リアント(出演)Q&A

東南アジア映画の巨匠たち/響きあうアジア2019より。
90年代インドネシア映画新世代のパイオニアとしてその名が知られるガリン・ヌグロホ監督の最新作を日本初公開。中部ジャワのレンゲル(女装した男性が踊る女形舞踊)のダンサーを主人公に、地域の芸能に根付くクィアの伝統が見てとれる作品です。「ひとつの身体の中に混在する男性性と女性性を描いています」(監督)。ヴェネチア国際映画祭出品です。

『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』Memories of My Body *ジャパンプレミア
2018年/インドネシア/105分/監督:ガリン・ヌグロホ




『Girl/ガール』
7月5日(金)より公開

 バレリーナになるために奮闘するMtFトランスジェンダーのララと、彼女を支える父との絆が描かれ、夢に向かって美しく踊り続けるララの姿が胸を打つ作品。実際にMtFであるビクトール・ポルスターが主演しています。カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)ほか3冠を受賞し、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノミネートという快挙を成し遂げた監督のルーカス・ドンは「ニュー・ドラン(第2のグザヴィエ・ドラン)」とも称されています。
<あらすじ>
15歳のララの夢はバレリーナになること。しかしそれは簡単なことではなかった。彼女は男の体に生まれてきたから。それでも強い意志と才能、娘の夢を全力で応援してくれる父に支えられ、難関のバレエ学校への入学を認められる。夢の実現のため、毎日厳しいレッスンを受け、血のにじむような努力を重ねていくララ。だが、初めての舞台公演が迫る中、思春期の身体の変化により思い通りに動けなくなることへの焦り、ライバルから向けられる心ない嫉妬により、彼女の心と体は追い詰められていく――。

Girl/ガールGirl
2018年/ベルギー/105分/監督:ルーカス・ドン/出演:ビクトール・ポルスター、アリエ・ワルトアルテほか/7月5日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国にて公開



 
『モーリス 4K(ムービープラス新録吹替版)』
7月21日(日)21:00-23:45他

 不朽の名作『モーリス』の4K版が昨年劇場公開されましたが、このたび新録の吹替版が完成し、ムービープラスでテレビ初放送されます。梶裕貴さん(モーリス)、島崎信長さん(クライヴ)、内田雄馬さん(アレック)らが声を担当したそうです。

モーリス 4K(ムービープラス新録吹替版)
1987年/イギリス/監督:ジェームズ・アイボリー/出演:ジェームズ・ウィルビー、ヒュー・グラント、ルパート・グレイブスほか /声の出演:梶裕貴、島崎信長、内田雄馬ほか


INDEX

SCHEDULE