g-lad xx

NEWS

仙台のコミュニティセンター「ZEL」が再開へ

 仙台のコミュニティセンター「ZEL」が18日(金)から通常通り開館されるそうです。

 「ZEL」は二丁目の「akta」や堂山の「dista」と同様、HIVについての情報発信を行うと同時に、イベントが開催されたり、ふらりと立ち寄ってくつろげるような、東北地方唯一のコミュニティセンターです。
 運営団体の「やろっこ」は、毎月交流会を開催し、夏にはゲイビーチで清掃&コンドーム配布を行い、年に1度「男魂 -MEN SOUL-」というゲイナイトを開催し、その中でDRAG QUEENユニット「Anego Girls」やGO-GO BOYユニット「みちのく駐屯地」を育て、東北のゲイシーンの活性化に大きく貢献してきました。

 やろっこの方によると、11日の大地震により、センター内は天地がひっくり返ったようなすさまじい状態になったそうです。が、幸い、電気や水道、電話、インターネットも比較的早く復旧し、スタッフの方の尽力でかたづけもすみやかに終了したそうです。
「暖房は2基中1基壊れていますが、あたたかい飲み物を提供します。被災されたLGBTのみなさんはどうぞお集まりください」とのことです。

 東北のゲイの方のなかでも、まだ安否が確認できていない方、避難所生活を余儀なくされている方、不安な生活を送っている方もいらっしゃることでしょう…。しかし、そんななか、仙台の「ZEL」の復旧が1つの希望の灯となってくれたらと願うものです。東北のゲイシーンが1日も早く以前のような活気を取り戻せる日がくることをお祈りします。(後藤純一)
 

community center ZEL
場所:仙台市青葉区国分町3-3-5 リスズビル9F
(地下鉄「勾当台公園駅」公園2出口から徒歩5分。定禅寺通り「東京エレクトロンホール(県民会館)」東隣。1Fが松屋のビルです)
TEL/FAX :022-261-6556(開館時間のみ対応可)
開館時間:金土月18:00~22:00 日祝13:00~17:00
定休日:火~木(祝日の場合は開館)、第1日曜日、年末年始

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。