g-lad xx

NEWS

ゲイであることをカムアウトしたリル・ナズ・Xが全米シングル・チャート1位の歴代最長記録を更新し、マライア超えを達成

 ストーンウォール50周年を記念するニューヨークのプライドマーチの日にゲイであることをカムアウトしたリル・ナズ・Xの、デビュー曲にして大ヒットを記録している「オールド・タウン・ロード feat. ビリー・レイ・サイラス」が、全米シングル・チャートで17週連続1位となり、マライア・キャリーらが保持していた16週連続の記録を破り、歴代最長記録を更新しました。(なお、ストリーミング総再生回数も2億回を達成し、そちらも記録を大幅に更新しています)
 
 アトランタ出身で、副業でゴスペル歌手をしている父親の影響で音楽にのめり込んだというリル・ナズ・Xは、昨年末、人気ゲームでカウボーイが登場する映像を使ってインスタグラムに「オールド・タウン・ロード」のさわりを投稿したところ、「カントリー? それともラップ?」と注目されるようになり、今年に入って人気アプリ「TikTok」で流行したカウボーイに変身する「#Yeehawチャレンジ(#カウボーイチャレンジ)」のサウンドに「オールド・タウン・ロード」が使われたことで、若い人たちの間で人気に火がつきました。そして、3月にはジャスティン・ビーバーがインスタグラムのストーリーで「この曲、最高!」とプッシュし、一気にブレイクします。時を同じくして、全米大学体育協会主催のバスケットボール・トーナメントで、テキサス工科大学のチームがこの曲に合わせて歌い、ダンスしながら準決勝進出を喜ぶ動画を公開したことで、トーナメントのファンである中年以上の層にも知られるようになりました。
 「オールド・タウン・ロード」は初登場でビルボード・ホット・カントリーチャート(全米カントリーチャート)の19位にランクインし、好スタートを切りましたが、ビルボードは「カントリーの要素が足りない」として、カントリーチャートから除外、これに対し、多くの人が「白人文化であるカントリーから黒人ラッパーが追放された」と感じ、人種差別問題へと発展。この騒動を収めるために、リル・ナズ・Xのマネージメントはカントリー界のレジェンドであるビリー・レイ・サイラスに客演を依頼し、ビリーは「もともと完璧な曲だけど、自分が参加することでカントリーだと公正な扱いを受けてもらえるのなら」と快諾、ビリーをフィーチャリングして「ぐっとカントリー感が高まった」バージョンが爆発的な大ヒットとなったのです。
 「オールド・タウン・ロード feat. ビリー・レイ・サイラス」は4月13日からビルボードHot 100(全米シングル・チャート)No.1に君臨し続け、インスタのフォロワー数が世界一だった時期もあるくらい絶大な人気を誇るテイラー・スウィフトの新曲や、ケイティ・ペリーの新曲、ジャスティン・ビーバー&エド・シーランのコラボ曲なども、リル・ナズ・Xを首位の座から引きずり降ろすことができませんでした。
 そんなリル・ナズ・Xは、ニューヨークで歴史的なプライドマーチが行われた6月30日、ゲイであることをカムアウトし、心を打たれた著名人たちが続々とサポートを表明(もちろん、ビリー・レイ・サイラスの娘でパンセクシュアルであることを公にしたマイリー・サイラスも)。ますます支持層を広げました。「オールド・タウン・ロード feat. ビリー・レイ・サイラス」はある意味、ラップとカントリー、黒人と白人、ゲイとストレートの宥和を象徴する、今のアメリカにおいて最も切実に求められている価値観を体現するような曲になったのです。

 歴代最長記録を更新したリル・ナズ・Xは、「1位最長記録という素晴らしい結果を打ち出せたのは本当にみんなのおかげだ。全ての人に感謝している」「この曲が僕の人生を変えてくれた。世界の見方を変えてくれた。僕を取り巻く環境を変えてくれた」とSNSに投稿し、喜びを爆発させました。

 ちなみに、全米シングル・チャートのこれまでの最長No.1記録は16週で、マライア・キャリーとボーイズIIメンが1995年にリリースした「One Sweet Day」と、ジャスティン・ビーバーをフィーチャリングしたルイス・フォンシとダディ・ヤンキーの「Despacito」がこの記録を保持していました。

 記録を破られたマライア・キャリーは、リル・ナズ・Xにお祝いのコメントを寄せています。
「歴代最長記録に輝いたリル・ナズ・Xに愛と祝福を捧げます! 私たちにとっても思い入れのある楽曲がこれまで多くの人たちの心に触れ、記録を保持し続けられたことにとても感謝しています。あなたにはぜひ最高の人生を送り続けてほしいわ!」
 このマライアからのメッセージに感激したリル・ナズ・Xは、すぐさま「ワオ! 本当にありがとう、マライア! あなたは僕にとって伝説であり、絶対的な存在です。あなたが僕のことを認めてくれたというだけでうれしい! 僕はあなたの音楽を聴いて育ちました。だから、今あなたとこうして直接話ができることがまるで夢のようです!」とリプライしました。(いい話…)

 来週には、前人未到の18週連続No.1を達成し、さらに記録を更新するのかどうか、注目が集まります。
 黒人でオープンリー・ゲイで20歳のアーティストが全米シングル・チャート1位の歴史をどこまで塗り替えていくのか、世界中のファンといっしょにワクワクしながら見守っていきましょう。
 
 

 
リル・ナズ・Xさん、首位最長に=米ビルボード、マライアさん抜く(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019073000280

リル・ナズ・Xが米ビルボード最長記録 17週連続1位(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASM7Z5QGPM7ZUCVL01F.html

動画共有アプリ発の楽曲「オールドタウン・ロード」、米でヒット記録更新(AFP)
https://www.afpbb.com/articles/-/3237478

マライア・キャリー、自身の全米最長No.1記録を抜いたリル・ナズ・Xを祝福 リル・ナズ・X本人も反応(Billboard)
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/78395/2

リル・ナズ・X、マライア・キャリーが持つ「歴代最長記録」を破る(フロントロウ)
https://trilltrill.jp/articles/1218912

リル・ナズ・X、ビリー・レイ・サイラスとの“Old Town Road”が全米1位の最長記録を更新(NME)
https://nme-jp.com/news/76530/

新鋭ラッパーのリル・ナズ・Xが放つボーダレスな曲は、いまという「時代の精神」を捉えている(WIRED)
https://wired.jp/2019/07/19/lil-nas-x-old-town-road/

ビルボード16週首位の「異例の新人」リル・ナズ・X、命の危険を匂わす不穏なツイート投稿(サイゾーウーマン)
https://www.cyzowoman.com/2019/07/post_243900_1.html

INDEX

SCHEDULE