g-lad xx

NEWS

今年の香港プライドは広場での集会でしたが、平穏無事に開催されました

 11月16日(土)、今年も香港同志遊行(The Hong Kong Pride Parade)が開催される予定でしたが、2日前に警察からパレードの中止を言い渡され、代わりにセントラル地区のチャーター・ガーデンでプライド集会が開催されました(変更を余儀なくされました)

 LGBTコミュニティのメンバーは、ここ数ヶ月続いた警察と抗議デモとの衝突を理由として警察からパレードの中止を命じられたことに対して、落胆を表明しています。
「プライドパレードはいつも平和的で、整然と行われてきた」と、レイ・チャン(香港初のオープンリーゲイの議員)は語ります。
「警察が中止に追い込むのは理由がない。今の抗議デモと何も関係がない」
「我々は次世代に、ありのままで大人になれるように道を切り開いたことを喜ばしく感じる」とチャンはツイートしました。
 
 香港では2008年に香港同志遊行(The Hong Kong Pride Parade)が始まり、10年以上続いてきましたが、今回初めて当局(警察)から中止に追い込まれることとなりました。
 昨年は、差別禁止法や結婚の平等を求めて12,000人がパレードしましたが、今年は約半分の6,500人が集まり、ステージでショーやトークが繰り広げられたり、広場にブースが出展されたりという、フェス的なイベントになりました。アンチ派の妨害や警察の介入などもなく、平穏無事に開催されたそうです。
 
 実際に香港同志遊行に参加した方は、プライドの会場も、街も、いつもの平和な雰囲気だったし、観光客も多く、ゲイバーも大勢の人であふれていた、とおっしゃっていました。

 香港では今年6月、最高裁が海外で同性婚したカップルに異性婚と同等の待遇を認めるという判決を出し、アジアでの結婚の平等の実現に向けて画期的な一歩を踏み出していました。
 このまま中国本土のようにパレードが禁止されてしまうのではなく、来年は、またパレードが開催され、ますます盛り上がりを見せることを祈ります(2022年の香港のゲイゲームズも予定通り開催されることを祈ります)

 
 
 
 
 
香港 恒例のゲイパレード“集会”に デモの影響で(テレ朝 news)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000169411.html

In Hong Kong, Pride Goes on Despite Police Ban(Advocate)
https://www.advocate.com/world/2019/11/16/hong-kong-pride-goes-despite-police-ban

INDEX

SCHEDULE