g-lad xx

NEWS

トランスジェンダーを理解していないとの非難を浴びたハル・ベリーが、トランス男性の役を降りて謝罪しました

 新作映画でトランス男性の役を演じる予定であることを明かしたハル・ベリーが、「これは女性の物語」などと語ったことで非難を浴び、謝罪するとともに自ら役を降りることを発表しました。
 
 映画『チョコレート』でアカデミー主演女優賞に輝いたのをはじめ、『X-MEN』のストーム役としてもたいへん有名なハル・ベリーですが、7月3日、Instagramライブで、とある作品に(作品のタイトルなどは伏せられています)トランス男性の役で出演することになったと語りました。
「トランスジェンダーの女性の役をやることを考えています。男性になった女性です」
「その世界を体験することによって、その世界を理解したいんです」
「ストーリーを伝えることは私にとって本当に重要で、これは、女性の物語なんです。男性の物語に変わるんですが、その背景や過程を理解したいんです。その物語に入り込みたいんです」
 こう語ったハル・ベリーに対し、トランス男性のことを全く理解していない、と非難が殺到しました(トランス男性は男性ですからね…)
 とあるトランスジェンダーのYouTuberは「シスジェンダー女性がトランスジェンダー男性を演じ、シスジェンダー男性がトランスジェンダー女性を演じる時、有害なステレオタイプを助長させてしまいます」と指摘し、TVパーソナリティのクリッセル・ウェストは、「考え直してください。トランスジェンダー男性は、ドレスアップした女性ではありません」と批判しました。
 
 こうした批判を受け、ハル・ベリーは7月7日、Twitterに声明を投稿し、「週末、私はトランスジェンダー男性の役について語る機会がありました。その際の、自分の発言をお詫びしたいと思います」と謝罪しました。
「シスジェンダーの女性として、私はこの役を演じることを考えるべきではありませんでした。また、トランスジェンダーのコミュニティが自分たちのストーリーを語る機会を得るべきだと思っています」
「ここ数日の間にいただいた説明や批判に感謝しています。今後も耳を傾け、自身を教育し、過ちから学んでいきたいと思います」
「カメラの前でもその裏側でも、アライとして私の声を使い、より良い表現をしていくことを誓います」

 メディアでLGBTQが公正に描かれるための活動を展開する団体GLAADは、「ハル・ベリーがトランスジェンダーの人たちの声に耳を傾け、学んでくれたことをうれしく思います。ほかのパワフルな人たちも同じことをするべきです。まずは『Disclosure トランスジェンダーとハリウッド: 過去、現在、そして』を見ることから始めてください」とコメントしています。

 現在Netflixで配信中の『Disclosure トランスジェンダーとハリウッド: 過去、現在、そして』を観ると、これまでハリウッドで製作された映画やドラマにおいて、トランスジェンダーがどのように描かれてきたかがよくわかります。まるで精神異常者かモンスターであるかのように描かれたり、笑い者にされたり、悲劇的な死を遂げたり…。多くのトランスジェンダーの俳優たちが登場し、そうした作品をどんな気持ちで観ていたかを語っていきます。(ゲイのキャラクターが「オネエ」だったり、中途半端な女装をしたバーの「ママ」だったりしてきたのと同様)トランスジェンダーは「シスジェンダーから見たトランス像」のイメージを押し付けられてきましたが、それは現場にいる監督やスタッフ、俳優らが全員シスジェンダーで、誰も当事者の気持ちを理解していない、敬意を払わなければという気持ちもないことに起因していました(そういう意味で、スタッフもキャストも多くがトランスジェンダーである『POSE』は本当に奇跡的な作品です)
 ヒラリー・スワンクが1999年、ブランドン・ティーナという殺害された実在のトランス男性を描いた映画『ボーイズ・ドント・クライ』に主演し、オスカーを獲得しています(本当に衝撃的で、胸が張り裂けそうになる作品です。社会に大きな影響を与えました)。当時はトランス男性の俳優はほとんどおらず、ヒラリーの演技は、映画の意義とも相まって、高く評価されたのでした。しかし、ハリウッドでは現在、テオ・ジャーメインや『9-1-1:LoneStar』の準レギュラーであるブライアン・マイケル・スミス、『アメリカン・ホラー・ストーリー』などに出演しているチャズ・ボノなど、トランス男性の俳優が何人も活躍しています。「ハル・ベリーは確かに名優かもしれないが、こんなにトランスジェンダーに関して無理解な人物に役を与えるくらいなら、トランス男性の俳優に出演のチャンスを与えるべきではないか、彼らはただでさえ(黒色・褐色人種の俳優が重要な役につくチャンスが少ないことと同様)出演の機会を奪われているのだから」というのが、今回上がった批判の趣旨です。ハリウッドに根強く残るトランスジェンダーへの偏見やトランスフォビアを払拭していくとともに、雇用上の格差を解消していく意味で、このような問題提起が行われたのです。
 メディアでの報道によって「トランスジェンダーの役はトランスジェンダーしか演じるべきではない」という原則論的な主張であるかのように誤解されている部分もありますが、そういうことではないのです。

 なお、今回と同様に当事者の俳優に役を譲りたいと意思表示したケースとして、2年前のスカーレット・ヨハンソンのことを思い出した方もいらっしゃるかと思います。つい最近、ディズニー・チャンネルの人気シリーズ『ハイスクール・ミュージカル』でライアン・エヴァンスを演じた俳優のルーカス・グラビールが、ライアンがゲイであると公表されたことを受けて、もし同作をもう一度作るなら、ライアン役は他の誰かに譲りたいと語ったというニュースもありました。

 ちなみに、かつてハル・ベリーが演じて当たり役となった『X-MEN』のストーム役ですが、先月、『POSE』の絶対女王エレクトラを演じているドミニク・ジャクソンが次のストームにふさわしいのでは?とネット上で盛り上がっていました。確かにイメージぴったりですよね!

 

参考記事: 
ハル・ベリー、批判受けトランスジェンダー役から降板。(VOGUE JAPAN)
https://www.vogue.co.jp/celebrity/article/halle-berry-apologizes-transgender-film-role-after-backlash
ハル・ベリー、トランスジェンダー男性役を「女性」と表現して批判殺到。謝罪、役の降板も発表(ハフィントンポスト)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/halle-berry_jp_5f05239ac5b67a80bc001629 
https://news.yahoo.co.jp/byline/saruwatariyuki/20200710-00187426/
『HSM』ルーカス・グラビールが「ライアン役はゲイ」との公表に反応、ディズニーに求めることとは?(フロントロウ)
https://front-row.jp/_ct/17374769

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。