g-lad xx

NEWS

【足立区議】発言撤回と謝罪を求める3万3000筆超の署名が提出され、白石区議が20日本会議で謝罪することになりました

 東京都足立区の白石正輝区議(自民)のLGBT差別発言に批判が相次いだ問題で、市民団体「足立・性的少数者と友・家族の会」は10月13日、白石区議に発言の撤回と謝罪を求めるインターネット署名約3万3000筆を、近藤弥生区長に宛てて提出しました。区長はこの問題に直接関与していませんが、市民団体側は「当事者の思いを知ってもらい、当事者に資する施策を実行してほしい」とお願いしたそうです。


 メディア上では依然として、白石区議の発言に抗議し、LGBTを擁護する声が相次いでいます。
 イラストレーターのよねはらうさこさんは、LGBTに限らず「産まない人は法律で守れない」という主張は、あまりにも冷たい考え方であり、そのような世の中に子どもを残したいと思う人は少ないのではないか、との思いを漫画にし、4万件近い「いいね」がついています。
 ライターの鈴木涼美さんは、『日刊SPA!』の連載で、「そもそもゲイもレズビアンも禁止されていないので、「なる」自由は別に誰にでもあるわけで、彼の極端な議論に上乗せすると、「人間はみんな同性愛者だが、現状では法に守られたい一心で異性愛者を装い結婚して子供を産んでいる」というトンデモ論になる。そうなってくると、この区議自身に『アメリカン・ビューティー』(※フィッツ大佐という、ゲイを憎み、攻撃しているが、実は自分自身がゲイであり、それを認めることができず、ホモフォビアに取り憑かれている不幸な人物が描かれています)や、「同性愛を治した」と発言したドゥテルテ比大統領のポテンシャルすら感じる」「レズビアンカップルが法的に保障されたら、自分の女が自分を選び続けてくれる自信がない、自分の氏を妻に名乗ってほしくても、それを説得した上で自分を選んでもらう自信がない」「実は絶望的な自信のなさをごまかしているのではないか」と、たいへん鋭い指摘をしています。
 
 鹿浜議長と区議会自民党による注意や、メディアによる追及に対しても、謝罪はしない、発言の撤回はしないと拒んでいた白石区議ですが、12日、足立区議会ホームページに掲載された情報によると、鹿浜昭議長が白石氏に「公の場での謝罪と、一般質問のLGBTに関連した発言の撤回を強く求めた」ところ、本人から受け入れるとの申し出があり、20日の本会議で謝罪することになったそうです。
 鹿浜議長によると、6日に白石氏の所属する自民会派と共に本人を厳重注意した後も批判が続き、「傷ついた人が多く、謝罪を求めざるを得ない」と判断。9日に開かれた会派の総会で、公の場での謝罪と発言の撤回を求めたところ、白石氏も受け入れたといいます。

 このニュースに対してSNS上では、「#私たちはここにいるで声を上げられた当事者の方々や、地元ですばやくアクションをされた方々の取り組みのおかげですね」「きちんとどこが悪かったのかを理解して心からの謝罪をしてほしいです」「マイノリティの権利以前に、根拠無き妄言で人権侵害をしてる。にもかかわらず撤回や謝罪をしないから批判が渦巻いた。そこまでされなきゃ撤回・謝罪できないようでは議員失格ではないか」「批判が続いたから、というのが理由なら自民会派も同じく厳しい批判を受けるべきです」などの意見が上がっていました。

 

参考記事:
LGBT差別問題で抗議署名3万3000筆超を足立区長に提出(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20201013/k00/00m/040/146000c
足立区議の無知な差別発言は、絶望的な自信のなさの裏返し/鈴木涼美(日刊SPA!)
https://nikkan-spa.jp/1706218
区が滅ぶ発言の足立区議、謝罪へ(共同通信)
https://www.47news.jp/national/5365652.html
「足立区滅びる」発言を謝罪、撤回へ LGBT問題発言の自民区議に抗議250件(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/61336
足立区議、一転して謝罪・撤回へ 同性愛者への差別発言(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASNBD569ZNBDUTIL027.html

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。