g-lad xx

NEWS

カミングアウトデーを祝うオンラインイベントにデミ・ロヴァートやタン・フランスが出演しました

 10月11日のカミングアウトデーに向けてFacebook上で「Coming Out 2020」というイベントが開催され、デミ・ロヴァートやタン・フランスが出演し、カミングアウトを祝福しました。
 
 サム・スミスとのコラボも記憶に新しいデミ・ロヴァートは2017年にバイセクシュアルとカミングアウトしました。今回、「Coming Out 2020」の共同ホストを務め、ここ数年は音楽でセクシュアリティを表現してきたと語りました。
「ファンの方は男の子だと思っていた歌詞が、実は女の子について書いたものだったり。音楽は私のセーフスペースです」
 
 もう1人のホストは、『クィア・アイ』のタン・フランスでした。
「カミングアウトデーは、カミングアウトを強制する日ではないんだ。もしあなたが本当に、本当にそうしたいのでなければ。この日は、他の人たちのカミングアウトの旅をサポートし、映し出すための日なんだ」
 タン・フランスは『クィア・アイ』に出演する前から周囲の人にはカムアウトしていましたが、この番組に出ることで、全世界にカムアウトすることになりました。
「同時に、僕はそれを勇気ある行動だとは思わなくなった。僕はただ、自分自身でいられないことに堪えられなかったんだ。セクシュアリティを秘密にしておくことの重荷から解放されたかった」
 
「全世界に真実を伝えることができるとしたら、こんなに救われることはないですよね」とデミ・ロヴァートも語りました。
 

 10月11日にはほかにも、様々なセレブがカミングアウトデーを祝うコメントを発しました。

 この日、誕生日を迎えた俳優のマット・ボマーは、「お祝いに、ぜひトレヴァー・プロジェクトへの寄付をしてほしいな」と呼びかけました。トレヴァー・プロジェクトはLGBTQユースの自殺防止プログラムを運営する団体です。

 エレン・デジェネレスは「カミングアウトってこういうこと。祝いましょう」と、妻のポーシャ・デ・ロッシがエレンにハグしている写真を投稿しました。
 
 『クィア・アイ』の公式Twitterアカウントは、「今日は、堂々と本当の自分でいられることをお祝いする日。あなたの旅を、私たちは心から応援します」と投稿。一緒に投稿された素敵なイラストには、「空は青いし、草は緑。それは誰にも変えられないこと」というフレーズも書かれていました。


 「Coming Out 2020」を開催したFacebookは、PFLAG(LGBTQの子を持つ親の会)やIt Gets Better Projectなどとコラボし、家族や友人へのカミングアウトの旅を安全にサポートできるようなトピックの見せ方をFacebookやInstagramでできるようにしました。さらに、新しいレインボーカラーのステッカーのシリーズを発表しています。
 

 
参考記事:
'A day to reflect and support': Tan France, Demi Lovato, more stars celebrate National Coming Out Day(USA TODAY)
https://www.usatoday.com/story/entertainment/celebrities/2020/10/11/national-coming-out-day-ellen-degeneres-tan-france-more-celebrate/5961542002/
Facebook Adds New Tools and Guides for Coming Out Day 2020(SocialMediaToday)
https://www.socialmediatoday.com/news/facebook-adds-new-tools-and-guides-for-coming-out-day-2020/586798/

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。