g-lad xx

NEWS

待望のトム・オブ・フィンランド初個展が9月18日から開催決定!

 GWに開催される予定だったトム・オブ・フィンランドの個展「Reality&Fantasy The World of Tom of Finland」がコロナ禍で延期となり、開催が待ち望まれていましたが、このたび、日程や関連イベント等の詳細がアナウンスされました。9月18日〜10月5日に渋谷パルコ地下1階の「GALLERY X」で開催、同時期に渋谷で映画『トム・オブ・フィンランド』も上映されるほか、サテライト展としてトム・オブ・フィンランドに影響を受けた日本人作家による展覧会なども行われるそうです。
 中止にならず、トム・オブ・フィンランド生誕100周年である2020年中に無事に開催されることが決まって、本当によかったです。みなさんぜひ、この機会にトム・オブ・フィンランドの世界に触れてみてください。


「GALLERY Xにて、ゲイを描いたアートでLGBTQの権利を訴えたフィンランドの作家、トム・オブ・フィンランド(1920-1991)の日本初の個展“Reality&Fantasy The World of Tom of Finland”を開催します。LGBTQコミュニティのみならずアート界でも影響力のあるトム・オブ・フィンランドの、日本初公開となるオリジナル作品30点の展示を予定しています。
 本展は、フィンランドセンター、駐日フィンランド大使館、トム・オブ・フィンランド財団、The Container、パルコの共同開催となります。展覧会のキュレーションは、東京を拠点にキュレーターとして活動し、自身のギャラリー「The Container」のディレクターでもあるシャイ・オハヨンが担当。本年はTom of Finland生誕100周年(#TOMs100)にあたります。
 今回は渋谷パルコ1周年企画の一環の展覧会となります。

「Reality & Fantasy The World of Tom of Finland」は、1946年から1989年の間に製作された30点の作品から成り、トム・オブ・フィンランドのキャリア全体を網羅しながら、彼の多彩な才能に注目すると同時に、LGBTQの権利を世界中に推し進め、ゲイ・カルチャーの創成期を担ったLGBTQのレジェンドとしての彼の一面も紹介します。 ​
 グラファイトやグアッシュ、マーカー、ペン、インクなど様々な手法で制作されたピースと彼の活動のマイルストーンとも言えるピースを通し、彼の芸術的なスタイルの発展を見ることができます。トムの名が一躍有名になるきっかけとなった『Physique Pictorial』誌の表紙を飾ったドローイングをはじめ、誌面に掲載されたドローイングも数多く紹介します。​
 この展覧会では、トム・オブ・フィンランドが担ったゲイカルチャー、人間本来の自由に対しての役割にもフォーカスしています。トムはゲイの人々が変えようと戦っていた法律や社会の厳しい現実(リアリティ)に直面しながらも、男性の身体を官能的でエロティックに描くことで社会の変容とゲイの人々の受容を促しました。性の解放とともにファンタジーの世界を追求しながら、トムはまったく新しい「ゲイの男らしさ」を描くことで、当時の社会がゲイ男性に押し付けていたイメージを払拭しました。自由と社会の寛容を促した歴史的作家、トム・オブ・フィンランド待望の日本初個展開催となります。」 ​
(公式サイトより)

■Reality&Fantasy The World of Tom of Finland
会期:2020年9月18日(金)〜10月5日(月)
会場:GALLERY X (B1F, Shibuya PARCO)
営業時間:11:00〜21:00 ※最終入場は営業終了時間の30分前です ※10/5(月)は18:00に終了いたします
入場料:500円 ※未就学児の入場はお断りいたします
主催・企画制作:パルコ、The Container
協力:フィンランド大使館、フィンランドセンター、TOM OF FINLAND財団
 
■映画「トム・オブ・フィンランド」上映​
9月18日(金)~9月24日(木)
WHITE CINE QUINTO(渋谷パルコ8階、ShibyaPARCO 8F)
9月25日(金)~10月8日(木)
UPLINK​ 渋谷

■サテライト展「Tomへの頌歌」​
会期:9月21日(月)~11月30日(月)
会場:The Container(東京都目黒区上目黒1-8-30、Nakameguro)​
・共同主催者The Containerによる関連展覧会​
・TOM OF FINLANDに影響を受けた日本人作家による展示​
・参加予定作家:田亀源五郎、三島剛、Jiraiya​

■関連プログラム​
会期:9月17日(木)~10月5日(月)
・フィンランドセンター所長アンナ-マリア・ウィルヤネンによるキュレーション​
・Tom of FinlandとLGBTQの権利にまつわるトーク、レクチャー、ワークショップを展開予定​
※詳細後日​



参考記事:
ゲイ・アートで知られるトム・オブ・フィンランド、渋谷で日本初個展 新型コロナで延期(シブヤ経済新聞)
https://www.shibukei.com/headline/15259/

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。