g-lad xx

NEWS

デミ・ロヴァートがパンセクシュアルであるとカミングアウト

 昨年サム・スミスと「I’m Ready」でコラボしたり、つい先日のGLAADメディアアワードでは、『glee/グリー』でサンタナの恋人を演じた人としてナヤ・リヴェラへの追悼の言葉を語ったり、様々にLGBTQコミュニティへ話題を提供してきたデミ・ロヴァート。以前から自身のセクシュアリティがフルイディティ(流動的)であると語ってきましたが、このたび、あらためてパンセクシュアルであるとカミングアウトしました。
 
 デミ・ロヴァートは最近、ポッドキャスト「ジョー・ローガン・エクスペリエンス」に出演しました。自身のセクシュアリティについて「今はとても流動的。その理由の一つは、私がこれまでそれを秘密にしてきたから」と語り、司会のジョー・ローガンが「性的にフリュイドということ? 女性を好きになったり、男性も好きになる?」と尋ねると、「その通り。(相手のジェンダーが)何であれね」と答え、続けて「パンセクシュアルということ?」と聞かれ、「そう、パンセクシュアルだよ」とカミングアウトしました。「誰かがLGBTQIA+コミュニティのことを"アルファベット・マフィア"※と呼んでいたのを聞いたんだけど、まさにそれ! 私はまさにその一員なの。それを誇りに思ってる」
 そして、ローガンに子どもを持つことを考えているかと尋ねられ、「以前はね」と答えました。「できたら養子を育てたいと思ってる。去年男性と結婚して子どももできたんじゃないかと思われてるけど、婚約しただけで、実際はそうじゃない」

※LGBTQIA…のように、性的マイノリティを総称するアルファベットがよりインクルーシブに進化していっていることを「そのうちアルファベットの全てを独占してしまうのでは」という揶揄を込めて一部の人たちが使用しはじめた言葉だそう。しかしその表現を「逆にかっこいい」と感じた人たちがプライドを込めて自分たちをアルファベット・マフィアと呼ぶようになったんだそうです。


 デミが自分の性的指向について初めて意識したのは1999年の映画『クルーエル・インテンションズ』でセルマ・ブレアとサラ・ミシェル・ゲラーのキスシーンを見たとき。同性のキスシーンに惹かれたけれど、その気持ちを隠さなくてはいけないと思ったと語っています。「クリスチャンとしてテキサスで育ったから、これは恥ずかしいことだと思った。冷ややかな目で見られることだった。その感情を見つめることも自分に許さず、打ち消してしまった」 
 そのように、初めはクローゼットに閉じこもっていたデミですが、2013年に『glee/グリー』でサンタナのガールフレンド役を演じ(キスシーンも)、2014年にはロサンゼルスのプライドパレードをフィーチャーした「I Really Don’t Care」の素晴らしいMVでLGBTQコミュニティを熱狂させ、2015年の「Cool for the Summer」のMVで同性との愛を表現。そして2017年に発表したドキュメンタリー『Demi Lovato: Simply Complicated』で、男性にも女性にも惹かれる、セクシュアリティが流動的であるとカミングアウトしたのでした。

 2020年3月、俳優のマックス・エーリックとの交際をスタートさせ、7月に婚約に至るも、9月に婚約の解消を発表したデミ。英『Glamour』誌のインタビューで、デミはマックスとの婚約破棄が自身の性的指向と改めて向き合うきっかけになったと語っています。「この1年で、私は男性と婚約し、それがうまくいかなかった時に、『これは大きなサインだ』と思ったのです。私は誰かと人生を過ごすものだと思っていました。そうならなかったことで、私は自分に忠実に生きていいのだという安心感を感じることができました」 
 同じインタビューのなかで、女性とデートをした時のエピソードにも触れ、「女の子と関係を持った時に、『こっちのほうが自分は好きだ』と思えました。よりしっくり来たのです。これが正しいんだって」とも語っていました。

 4月2日に発表された新曲「The Kind of Love I Am」では、「愛に性別は関係ない」と歌い、パンセクシュアルとしてのアイデンティティを喜びやプライドとともに表現したデミ・ロヴァート。同日発売のアルバム『Dancing with the Devil...The Art of Starting Over』にはアリアナ・グランデとのコラボ楽曲「Met Him Last Night」も収録されていますが、アリアナからニューアルバムのお祝いにキュートな贈り物が届き、三日月とレインボーがデザインされたスイーツやハート型のスイーツなど、とってもキュートなプレゼントだったそう。デミはインスタグラムで「アリアナ、あなたは可愛すぎる!愛してるよ!!!」と感謝しました。


デミ・ロヴァート
『Dancing With The Devil…The Art of Starting Over』

 
 
参考記事:
Demi Lovato Comes Out as Pansexual, Wants to Adopt(Out)
https://www.out.com/celebs/2021/3/30/demi-lovato-comes-out-pansexual-wants-adopt
デミ・ロヴァート、パンセクシュアルであることを告白(ELLE DIGITAL)
https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a35970136/demi-lovato-panasexual-210330/
デミ・ロヴァート、自身のセクシャリティについてパンセクシャルとカミングアウト(フロントロウ)
https://front-row.jp/_ct/17441616
デミ・ロヴァート、アリアナ・グランデからの「粋な心遣い」に感謝(フロントロウ)
https://front-row.jp/_ct/17443057

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。